芸能

小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!

 9月7日に放送された、Sexy Zone中島健人と小芝風花がダブル主演を務めるテレビドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)第9話の視聴率が、7.1%だったことがわかった。同ドラマは次週、最終回を迎える。

「オリンピック期間中、一時視聴率が4%台まで下落していた『カノキレ』ですが、その後は7%台まで上昇しています。とはいえ、連ドラ終盤の視聴率としてはまだまだ物足りない数字。そこで制作側は、話題性を狙ってか最終回を一部生放送すると予告し、注目を集めています」(テレビ誌記者)

 そんな「カノキレ」に出演する小芝と中島は、ドラマの中で相思相愛の展開になって以降、濃密なシーンを連発。第9話でも、冒頭から体調を崩して入院する中島演じる宗介が、小芝演じる主人公を病院のベッドの中に引っ張り込み、熱いキスをする場面がSNSなどで話題となった。

 さらにこのキス以外にも、2人のラブシーンに視聴者が沸いているという。

「第9話の中盤で描かれた2人の“バックハグ”シーンでは、中島が左の掌で小芝の右バストを包み込むかのような体勢で後ろから抱きしめていたことで、視聴者から『膨らみを堪能している!?』などと羨望の声が殺到することに。また最終回の予告でも、玄関の前でしゃがみこんだ小芝と中島が、これまで以上に情熱的なキスを交わしている様子が映っており、『舌が入っているのでは!?』『ラブシーンがどんどん過激になっていく!』とネットを騒然とさせています」(前出・テレビ誌記者)

 9月7日の「フライデーデジタル」によれば、清純派女優のイメージを残したまま小芝が濃密なラブシーンを撮れたのは、ふだん王子様キャラを嫌味なく演じている中島の好演も大きいという。そんな小芝が挑む最終回の情熱的なキスシーンも、SNSを大きく騒がせることとなりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
3
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
4
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
5
隠れ爆バスト!加藤紀子のもっちり膨らみ写真は完熟の極み