芸能

「Hバスト」清水あいり、“逆ファッションショー”動画に「流行るべき」の声!

 季節は秋。タレントでモデルの藤田ニコルは、自身のYouTubeチャンネル〈藤田ニコル〉で、9月9日に〈【LOOK BOOK】秋の着回し7days〉と、元AKB48の小嶋陽菜は、YouTubeチャンネル〈HARUNA KOJIMA’s cat nap〉の9月18日に〈【LOOK BOOK】夏から秋に大変身 こじはる着回しコーデ〉と題した動画を投稿。昨今、YouTubeで流行りの「LOOK BOOK動画」の秋バージョンを華々しく披露して好評を得ている。共通しているのは、上下ともに肌着を模した肌見せ度高めのスリムな姿から、ファッションショーのように、自分が着回すお気に入り衣装に次々と着替えて紹介している。

 ところが、この方の「LOOK BOOK」動画は一味違っていた。その想定外の艶やかさに視聴者の関心を高めているようだ。

 バストHカップの人気グラドル・清水あいりがその人。自身のYouTubeチャンネル〈清水あいりのおイタがすぎまんねんTV〉の、9月18日投稿回〈【どんどん】逆LOOK BOOK【脱いでく】〉でのことだ。どんな内容かというと─。

「月曜日」の衣装で登場の清水が、フリフリのついた長袖の上着、スカートを、ジワリジワリと脱いでいく艶やかシーンから始まり、中に着こんでいた白いキャミソールと下半身用の黒い肌着を“チラッと見”させ、ついにはキャミソールと下半身用肌着だけの姿となる。そして、画面は飛び、次は、火曜日の服を着た状態で現れ、またカメラの前で脱いでいく…。こんな調子で、月曜から日曜までの1週間コーデを紹介する内容。メインが「着ている服を脱いでいく」シーンなのである。

 下半身用肌着は面積が少なく、後ろ向きになるとプリプリの白いヒップを晒したこともあって、〈素晴らしい神回をありがとうございました〉〈俺らが何を求めてるか、分かってるわー。ハマってるわー。〉〈どんどん脱いでいくって凄くイイね〉〈これは流行るべき〉など、視聴者から称賛のコメントが相次いだのだった。

 自身のバストの重さを計測し、バナナ何本分に相当するかといったオモシロ艶企画や、胸の渓谷鮮やかな艶やか衣装で空手の演武を披露するなど、YouTubeでは毎度艶やかに、果敢な挑戦を見せている清水。次は何をやってくれるのか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」