スポーツ

新庄剛志、06年「3人揃ってゴールデングラブ賞」の“異次元”守備極意とは

 昨年12月7日の、プロ野球12球団合同トライアウトに挑んだことでも話題を集めた元プロ野球選手の新庄剛志氏。残念ながらどの球団からも声が掛からなかったが、48歳での挑戦は、世の中年層に希望を与えた。

 その新庄氏、現役時代には敬遠球をサヨナラヒットするなど、派手なパフォーマンスが注目を集めたが、外野手部門としてベストナイン3回、ゴールデングラブ賞は10回も受賞しており、阪神在籍時のゴールデングラブ受賞の7回は、球団歴代最多を記録(2020年度発表時点)、堅実な守備の人でもあった。

 巨人で活躍した元プロ野球選手・槙原寛己氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉に、その新庄氏が出演(10月2日付投稿回)。守備の極意について語ったところ、それは槙原氏に「深いね!」と言わせる異次元のものだった。

 その動画によると、守備面で「捕る、投げる、どっちが大事?」との槙原氏の質問に、新庄氏は、「捕る、投げるは、1年目の時点でボクにとってはどうでも良かった…できるんで」と答え、守りを固めるために、ファールボールをいかに捕らせるかなど、センターに立つ自身の指示で、どうレフトとライトを動かすかに思考を巡らせていたそうだ。「それがボクのファインプレーだったんですよ」とも語る新庄氏だった。

 さらに、「オレの指示に従ってみな、ゴールデングラブ賞獲れるから」と、今夏の東京五輪で監督として野球日本代表を金メダルに導いた稲葉篤紀氏や、森本稀哲氏に、日本ハム在籍当時にはたらきかけ、06年には新庄氏含め、3人そろって受賞した経緯も振り返ったのだった。

 トライアウトでは、やっぱり、どこか異次元の守備極意を秘める新庄氏を獲得してほしかった…そんなふうにも思わせる、さすがの新庄氏の語り口であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった