スポーツ

新庄剛志、06年「3人揃ってゴールデングラブ賞」の“異次元”守備極意とは

 昨年12月7日の、プロ野球12球団合同トライアウトに挑んだことでも話題を集めた元プロ野球選手の新庄剛志氏。残念ながらどの球団からも声が掛からなかったが、48歳での挑戦は、世の中年層に希望を与えた。

 その新庄氏、現役時代には敬遠球をサヨナラヒットするなど、派手なパフォーマンスが注目を集めたが、外野手部門としてベストナイン3回、ゴールデングラブ賞は10回も受賞しており、阪神在籍時のゴールデングラブ受賞の7回は、球団歴代最多を記録(2020年度発表時点)、堅実な守備の人でもあった。

 巨人で活躍した元プロ野球選手・槙原寛己氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉に、その新庄氏が出演(10月2日付投稿回)。守備の極意について語ったところ、それは槙原氏に「深いね!」と言わせる異次元のものだった。

 その動画によると、守備面で「捕る、投げる、どっちが大事?」との槙原氏の質問に、新庄氏は、「捕る、投げるは、1年目の時点でボクにとってはどうでも良かった…できるんで」と答え、守りを固めるために、ファールボールをいかに捕らせるかなど、センターに立つ自身の指示で、どうレフトとライトを動かすかに思考を巡らせていたそうだ。「それがボクのファインプレーだったんですよ」とも語る新庄氏だった。

 さらに、「オレの指示に従ってみな、ゴールデングラブ賞獲れるから」と、今夏の東京五輪で監督として野球日本代表を金メダルに導いた稲葉篤紀氏や、森本稀哲氏に、日本ハム在籍当時にはたらきかけ、06年には新庄氏含め、3人そろって受賞した経緯も振り返ったのだった。

 トライアウトでは、やっぱり、どこか異次元の守備極意を秘める新庄氏を獲得してほしかった…そんなふうにも思わせる、さすがの新庄氏の語り口であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…