芸能

Koki,の影響?工藤静香が予想外の注目を浴びた“パイスラ”バストライン

 歌手の工藤静香が10月19日、自身のインスタグラムを更新。その姿を見た男性ファンから、意外な指摘があがっている。

 工藤は、〈う~ 日に日に寒くなってきましたね 手は荒れるし、カカトはカサカサしてくるし、お手入れしないとですね あ!私はインフルエンザの予防接種も終了しましたよん コロナばかり考えていたら、うっかり忘れてしまいそうでした〉と綴り、愛犬と散歩する姿を披露。確かにこの日、都内は急激に気温が下がったことから、工藤はニット帽をスッポリとかぶり、腰まで覆う長めのパーカーにジーンズ姿で、防寒万全の格好だったのだが…。

「バッグを右肩から斜め掛けしていたことから、いわゆる“パイスラ”状態とり、両胸の膨らみが妙に目立っていたんです(笑)。そのため一部ネット上では《あれ? 工藤静香けっこう胸あるのかな?》《しーちゃんのバストの膨らみ、年上好きの僕にはタマらん》《脚も長いし胸もあるのか…やっぱり理想的なボディだわ》などの声があがり、バストの大きさに注目が集まる事態となったんです」(ネットウオッチャー)

 とはいえ、工藤がインスタで自身の衣装を披露する際、胸のラインが強調される姿は時折見かける。

「つい最近では、10月12日、10年ほど前に二科展で特選を受賞した際にお祝いでもらったという、ワンピースを着た姿を披露。横からの全身ショットでは、ツンと上を向いた形の良いバストラインが確認できます。どうやら今回、《Koki,ちゃんも胸大きいよね…》といった声も出ているようにに、17日に次女のKoki, (「o」の上に-)が、こちらもインスタで黒のタンクトップ姿でたわわなバストラインの動画をアップしていたことから、比較の意味で母親の胸にもよけいに注目が集まったようですね」(前出・ネットウオッチャー)

 いずれにせよ、母娘揃って抜群のスタイルということだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!