芸能

橋本マナミは若い情夫の“横バック責め”で昇天!女優「不貞情交」艶技「5選」

 許されざる情愛ほど男女をたぎらすものはない。だからこそ、作中で描かれる不貞情交は軒並みヒートアップする。ハンパない絶頂シーン5選を以下─。

“不貞相手キャラ”で知られる橋本マナミが、逆に情夫を囲ってしまう。アンビバレントな場面が拝めるのが「光」(17年、ファントム・フィルム)だ。

 橋本は夫を兄と慕う年下男性、永山瑛太と関係を持ってしまう。安アパートの一室で、音を立てて永山の胸の先端を吸う橋本が、イチモツに唇を寄せると、よりいやらしい音が室内に響く。辛抱たまらなくなった永山は、荒々しく抱きしめる。橋本のGバストが押しつぶされると、側位で後ろから男性自身を深々と突き立てていくのだ。性サービス業に詳しいライターのジャンキー伊藤氏によると、これは、「通称『横バック』、江戸四十八手では『窓の月』と呼ばれる」体勢だという。「男女ともに体への負担が少なく」性的興奮を起こしやすいスポットを刺激するのに「最適とされています」とのことだ。

 快感のツボにハマッたのか、橋本の顔はみるみる紅潮し、ピクンピクンと悶えまくる。自分から背後に顔を向けてキス。唇が離れると、舌なめずりまでしてみせる。忘我の境地で理性が吹っ飛んでしまったかのようだった。

 理性をかなぐり捨てたのは清水美沙も同じだ。映画「うなぎ」(97年、松竹)で、同居する母が在宅中だというのに、情夫の田口トモロヲを連れ込み、情事にふける。芸能ライターが解説する。

「正常位での激しい突き刺しに、清水はアエギ声を漏らすのですが、母に聞かれまいと口にシーツを噛んで耐え忍ぶんです。ところが、田口は大人の夜の玩具を取り出して、ブスっと挿し込む。清水は全身を震わせ、アエギ声は高まってしまう。自らキスをして、口をふさぐのです。それでも響いているブーンというオモチャの振動音がリアルで忘れがたいものがあります」

 たった1回しかベッドシーンを演じていないが、秋野暢子が見せた「片翼だけの天使」(86年、ヘラルド・エース)での濃密シーンも忘れがたい。夫を持つ韓国人泡姫の秋野は、客として訪れた作家役の二谷英明にサービスを繰り出す。

「とはいえ、本職としては失格です。二谷の精を吐き出させるよりも、秋野のほうが快楽に溺れ、イカされてしまうんですから」と話す前出のジャンキー伊藤氏によれば、「ただ、」と前置きして、上に下にと激しいカラミで絶叫してイキ果てる秋野を見ると、自分もいつか泡姫をイカせてみたいと思ってしまうという。

 女優がイクには、その相手役も重要。昭和の俳優には情交シーンの達人がいた。

「鬼籍に入られましたが」と話す前出の沖氏によると、緒形拳がベッドシーンで見せる熟練テクは凄まじいという。「いったい何人の女優がイカされたことか…(沖氏)とのことだ。そのテクを学びたいなら、「火宅の人」(86年、東映)と「櫂」(85年、東映)をジックリと鑑賞すべき。

 緒形は「火宅の人」で原田美枝子を不貞相手にして、ねちっこく責めたてる。足指をペロリと舐めると、思わず原田は「こっちへ来てください」と哀願。それに応えて今度はバストトップに吸いつき、転がして執拗に愛撫。秘所も責めたてると、原田は首を左右に何度も振って「アッ」と短くアエぐと体を弓なりにして昇天。ガクッと力が抜けたようにベッドに横たわるのだった。

 また「櫂」では、元女義太夫の真行寺君枝を妾にする緒形。女衒という役どころだけに、まるで物を扱うように真行寺を弄ぶ。キスからバストを揉みしだき、秘部を口責め。2分間に及ぶ愛撫に、真行寺も「こうしてるだけで…」と息も絶え絶えに。縁側から頭が落ちてもお構いなし、庭の砂利に頭を擦りつけながら真行寺は感じ入る。これぞ絶頂極致と呼べるシーンであった。

 不貞というシチュエーションだけではオンナをイカせることはできない─。名優・緒形はそう言っているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
2
平愛梨とあの女優は真逆!W杯観戦姿を撮られた「有名妻の対応」に差が出たワケ
3
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
4
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意
5
太田光代に続く逸材!?明石家さんまを大爆笑させた吉本若手芸人「鬼嫁」の抜群センス