芸能

後藤真希、「36歳の“修正ナシ”秘所」写真集の凄い中身(終)「巨胸化」を自ら語っていた!

 かつてスレンダーボディだった後藤真希は、今回の写真集でこれでもかとばかりに、ボリューム満点の豊かなバストを肌見せ。昔からのファンならずとも、その22年間の変遷がそれこそたまらないはずだ。過去に後藤にインタビューした芸能評論家の尾谷幸憲氏は、ふくよかなバストの誕生秘話を聞いたところ、意外な答えが返ってきたという。

「06年頃でしょうか」と話す尾谷氏は、ちょうどそのタイミングで、彼女の“巨胸化”がファンの間で話題になっていたので、疑問を彼女にぶつけたのだという。「なにしろ、10代の頃に出した写真集より、明らかに大きくなっていたので。スタッフが席を外した時に話題を振ったところ、『芸能活動の体力をつけるために、お母さんがお肉やケーキをたくさん食べさせるようになって。それでもレッスンを受けて体は絞れてくるので、結果的に胸だけが残っちゃった』と、トップアイドルらしからぬ口調でアッケラカンと語っていました。今回の写真集ではそのバストが、オレンジのサテン地のキャミソールからこぼれ落ちそうな眼福ショットも堪能できます。ですが、それ以上に昔付き合った女子がもっときれいになって戻ってきたような深い趣きを感じますね。同じように感じる、かつてのファンも多いのではないでしょうか」(尾谷氏)

 写真集では、より過激なショットも準備されているというだけに、クールビューティなゴマキの新たな一面が垣間見ることができるに違いない。

 芸能ジャーナリストの竹下光氏によれば、元同僚の矢口真里(38)や、ベッキー(37)のように、好感度をウリにテレビに出ていたタレントは、不貞の発覚後に「大ダメージを受けました」という。ゴマキの不貞については「芸の肥やしではないですが、男性諸氏にとってはむしろイメージアップにつながっていることが興味深いです」とも。「体型的には今がベストかもしれませんが」としながらも、これから“女盛り”を迎えるにつれもっともっと艶っぽくなっていくだろうと竹下氏は予測する。

 果たして、一昨年に写真集を起爆剤にして大ブレイクした「第2の田中みな実」となるのか。あとはゴマキ本人の決断次第だ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」