芸能

橋本マナミ、「らせんの迷宮」での小走りで“縦横揺れ”Gバストに嬉しい悲鳴!

 田中圭主演の連続ドラマ「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」(テレビ東京系)の第6話が11月19日に放送された。同回には、タレントで女優・元グラドルの橋本マナミを含む数名がゲスト出演したのだが、橋本の登場シーンでは、肌見せが多く、〈内容が全然頭に入ってこない!〉といった男性視聴者から“嬉しい悲鳴”が続々と噴出したという。

 このドラマは、聖ヘリックス大学・医学部・ゲノム解析学研究室・准教授の神保仁(田中)が、警視庁捜査一課七係の安堂班主任警部補の安堂源次(安田顕)や警視庁科学捜査研究所所員の乱原流奈(倉科カナ)らとともに、遺伝子(DNA)を切り口にして、未解決事件を解決していく物語だ。

 第6話の物語は、神保が恩師の静原博史(山田明郷)からの誘いで、安藤とともに静原細胞再生医療研究所を訪問。神保の大学の同窓生であり、現在は美容再生医療の研究者・緋山香菜子(橋本)や、静原の研究所の所員兼助手でもある槇村明良(高橋光臣)他数名が久々に集合したのだが、事態は思わぬ方向へと動いていき…という流れだが、ひときわ魅力を放っていた橋本について、芸能ライターが力をこめてこう話す。

「昨年の2月に出産した橋本ですが、艶っぽさはむしろ独身時代よりも勝っているかもしれません。橋本扮する緋山は、身体にピタリとフィットする半袖の黒ベースの花柄ワンピースで登場。設定上、毒を投与され少しずつ身体の力が抜け意識が遠のいていくのですが、閉じていた膝がだらりと崩れ、ひざ上約20センチほどのミニ丈からスラリと伸びた両の美脚が乱れて無造作に投げ出されていきます。また、回想シーンでは、白衣内に着ていたカットソーが薄手の柔らかい素材のようで、小走りする際に、橋本のGカップとされる爆裂バストが縦横にゆっさゆっさと揺れる。話の筋を追うどころか、目線がそこにばかり集中してしまいましたよね。ワンサイズ下のものを選んでいるのでは?と勘繰りたくなったくらいです。また別の花柄ワンピを着用の際には、ちらっとですが、ノースリーブの脇のラインから見えそうで見えない肌着の線が気になって気になって…」

 視聴率は、10月6日に放送された初回が7.2%(世帯平均視聴率)で、GP帯としては今期最下位でのスタートとなった同ドラマ。次回の7話が最終回となるが、

「初回で4~5%台を記録したドラマが多かった前クールに比べると、このドラマを含め、今期は充実していたと言えるのでは」(前出・芸能ライター)

 意外な見どころも飛び出すとあって、シリーズ化を期待する視聴者も少なくなさそうである。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」