芸能

永野芽郁、私服姿に「地味」「オーラない」指摘も悶絶大絶賛のワケ

 11月20日配信の「NEWSポストセブン」で、女優・永野芽郁のプライベートが報じられ、その姿がネット上で話題となった。

 記事によれば、永野は10月下旬、都内の人気アパレル店から出てきたとのこと。その際の写真も掲載され、“ベテランスタイリスト”がそのファッションについて「トータルで洗練された着こなし」と評している。

「捉えられた永野は、ピッチリ首元までボタンが閉められた黄色のカーディガンにジーンズ姿で、髪をおろし黒いマスクに黒ぶちのメガネをかけています。おそらくジーンズはストレートの太さなのですが、脚が細いためか少々だぶついて見え、上半身からもその華奢具合が伝わってきますね」(芸能ライター)

 このスタイルにネット上では《すれ違っても永野とは気が付かないだろうな》《なかなかの地味っぷり。芸能人オーラを完全に消してる》といった声が出ているのだが、一方で《完全に“のび太”コーディネート》《意外にもダサ過ぎて笑ってしまった》などといった指摘もある。

「感想は人それぞれでしょうが、確かにジーンズを半ズボンにすれば、完全にドラえもんの“のび太”の格好。そのため今回のプライベート写真はかなりイジられているのですが、よくよく指摘を追ってみると、《でもやっぱり可愛い》《その素朴さが好感持てる》《彼女にしか似合わない》《あの格好でデートしてして欲しわ!》と、結局は絶賛の声がほとんど。彼女は写真集『momennt』での衣装を全て私服で撮影するなどこだわりを持っているようで、共通しているのはシンプルで飾らない雰囲気。“のび太”との評価も、実は狙い通りなのかもしれません(笑)」(グラビア誌カメラマン)

 いずれにせよ、なかなか真似のできないセンスということだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」