芸能

コブクロ、「大阪万博」テーマ曲抜擢に「自虐ネタ?」の声まで出たワケ

 2025年に開催される大阪・関西万博のテーマソングをコブクロが手掛けると発表されたことで「テーマが台無し」「歌手なんてゴマンといるのになぜこの人たち?」と、猛反対の声ばかりだとか。

 その発表がされたのは11月28日、大阪市北区の中之島公園で開催された万博関連イベント「中之島ウィンターパーティー」でのこと。昨年2月からコブクロが万博の公式アンバサダーを務めていたことで、ほぼほぼ内定だったはずも、実際に若宮健嗣万博相から発表されたことがネットに拡散されると、冒頭のような反対意見が続々。

「昨年10月のイベントで松井一郎大阪市長が直々にコブクロにお願いしたのがキッカケなのですが、コブクロといえば、まず2016年に小渕健太郎に複数の女性との不貞が報じられ、さらに今年5月に黒田俊介にも週刊文春により不貞疑惑とその相手が自死未遂まで報じられました。黒田さんもさすがに謝罪コメントを出しましたが、2人の人気は急降下したんです」(女性誌ライター)

 そんな状況でも抜擢されたコブクロは、「いのちを救う」「いのちに力を与える」「いのちをつなぐ」という万博のサブテーマを彩るテーマソングを発表するはずだが、SNSではその前に食い止めたいという声が目立っており、あの社会的スキャンダルを巻き起こしたアーティストの名前まで再登場する羽目に…。

「過去の障がい者イジメを嬉々として語ったようなインタビューが大炎上し、東京五輪の音楽担当を急きょ辞任した小山田圭吾とカブるという意見です。小山田も大会の意義とあまりに過去の行動が反するということで辞任となりましたが、コブクロも不貞疑惑の相手が自死未遂まで起こしたことに『いのちを救うって何の自虐ネタ?』とヤユする声もあるんです」(前出・女性誌ライター)

 今回の抜擢に、猛反対している人たちからは「コブクロから辞退するはず」という推測まで投稿されているとか。松井市長がオファーした手前、いまさら後戻りできないのかもしれないが、万博開幕までの3年間で、世間は過去のことは水に流してくれるはずとタカをくくっていると思われても仕方がない!?

(小机かをる)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから