芸能

大原櫻子、主演ドラマを支える「親衛隊」に見せつける“残酷な光景”とは!?

「ここまで男性ファンがエキストラに参加するのは珍しい」と、感心するのはドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」(テレビ東京系)の撮影スタッフだ。

「ドラマParavi」で放送中ドラマの撮影現場に集まったのは、主演の大原櫻子(25)目当てのファンである。大原の役柄は芸能事務所の新人マネージャー。それだけに、エキストラの配役もドラマの撮影現場スタッフや雑誌の取材ライターなど、芸能仕事の裏方がメインになる。

 通常のエキストラといえば、街の通行人や飲食店の客として空間に“いる”だけの存在だが、

「このドラマの場合、しばしば、番組ADやカメラマン役のエキストラに1~3行程度の台詞が割り当てられているんです。それどころか、撮影中に台詞や演技が変更になることもあります。エキストラですから、当然、そのほとんどが無給のボランティア。とかく予算の少ないドラマですから、彼らの存在は重宝されていますよ」(前出・撮影スタッフ)

 そんな“無茶振り現場”を支えているのが大原のファンの存在である。

「撮影はほぼ関東圏内でしたが、中には関西から撮影のために遠征してくるファンもいました。さらに驚いたのが、9月25日に兵庫県西宮市で開催された『Daiwa House presents billboard classics festival 2021』という音楽フェスに参加した大原さんにくっつくように関西に行き、翌26日に撮影のある東京に戻る猛者が複数名いたこと。この“大原親衛隊”のパワーたるや恐るべしです」(前出・撮影スタッフ)

 一方撮影現場では、献身的なファンを置き去りにする“残酷な光景”も…。

「とかく相手役の櫻井海音(20)との距離感が近い。劇中の演技ならともかく、カットがかかっても仲睦まじい雰囲気なんです。2人きりでスマホのカメラをインカメにして自撮りした写真を加工して遊んだり、櫻井特製のトロトロのオムライスの作り方で盛り上がる場面もありました。ともすれば、ファンの人たちの目には毒かもしれませんね」(前出・撮影スタッフ)

“推し”に近づきすぎるのも考えものか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」