スポーツ

日ハム・新庄監督「BIGBOSS狂騒曲」(3)中田騒動の幕引きに利用

B 新庄フィーバーのおかげで球団の汚点もキレイに浄化されたように見える。

A 8月に発生した中田翔(32)の暴力事件だな。会見すらすることなく巨人に放出して幕引きを図りヒンシュクを買ったが、なし崩し的に世間から忘れさせることに成功した。吉村浩前GM(57)は大喜びだったそう。ところが新監督就任前、一度はそれを蒸し返されそうになった。

D ドラフト前日の10月11日の話ですね。品川プリンスホテルで行われた最終編成会議後の会見の場でした。

A そう、ひと通り当たり障りのない質疑が終わるや、地元北海道メディアの記者が「ところで中田の件ですが、あれで終わりなんですか」と前GMに問いただした。

C それに逆ギレしたんだよね。シーズン途中の西武との2対2トレードを持ち出して「平沼(翔太ら)の時も会見しなきゃいけないんですか!」って激昂した。

E どうしてですかね。川村浩二球団社長(60)の名前で謝罪の文面を出していたんだから、当時の責任者だった前GMが説明すべきなのは当然でしょう。

C 押し問答になったことで動いたのが、部下に当たる広報担当だった。前GMを守るために「レコーダーを止めてくれ。この件に関しては一切記事にしないでくれ」とやったんだ。

D 結果、番記者たちの逆鱗に触れて、本社に告発されてしまいました。

C で、トカゲの尻尾切りで「チーム統括本部チーム管理部チーム管理グループディレクター」という、長ったらしいだけで何をするか見当もつかない部署に飛ばされちゃった。前GM自身は稲葉篤紀新GM(49)就任で統括本部長に戻っただけ。取締役は外されていない。

A しかも、オフにFA権を取得した西川遥輝(29)、大田泰示(31)、秋吉亮(32)の3人を「ノンテンダー」という言葉を使って自由契約にした。この発表を稲葉GMにやらせたんだから。

B テイのいい「戦力外通告」だよ。発表の前日まで、沖縄・国頭で秋季キャンプに帯同していた稲葉GMは「ノンテンダー」なんて言葉すら知らなかっただろう。

C 後ろ暗い仕事を押し付けた形だ。3人の下交渉から通達までの絵を描いたのは前GMだけだよ。中田騒動のイメージをそらす意味合いも強かった新庄監督の誕生だったけど、監督本人は呼んでくれた恩人だと思ってるから、会見でも名前を出して「ぶっとんだ僕を監督に指名してくれた。その考えはすごい」って持ち上げていた。裏の政治的な思惑までは知らないからね。

A:スポーツ紙デスク/B:球界関係者/C:ベテラン遊軍記者/D:パ・リーグ関係者/E:民放局ディレクター

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
3
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
ロシア軍「超残虐行為」継続の裏に「殺戮マシーン」養成システム