特集

自毛で薄毛の悩みを解消!? 驚きの最先端技術をチェックせよ

Sponsored

20140121itower

 ストレス時代の象徴か? 30~40代男性、最近は20代の若者でも人知れず薄毛の悩みを抱えている人が増えている。食事療法、育毛シャンプー、発毛剤…薄毛対策は数あれど、日進月歩で進化した高度な医療技術を誇る現代においても、多くの男性にとって最大の関心事である薄毛処方に関しては、ひたすら地道でたゆまぬ努力だけが解決方法となっているのがもどかしい現実なのだ。

 30代中ごろから額部の薄毛を意識するようになったFさん(39歳)は言う。

「祖父が若いころから毛が少なく物心がつくうちから見事な剃髪だったので、自分も隔世遺伝で将来は丸坊主になると半ば諦めていた。かすかな抵抗としてドライヤーを使って髪を傷めない、ヘルメットや帽子などで蒸らさない、もちろんタバコはもってのほか。これまでにかすかな抵抗はしてきたものの、やはりDNAには逆らえないようです」

 また、40代を過ぎてから、頭頂部に薄ら寒さを覚えたというKさん(45歳)はこう語る。

「日頃から、毎朝ブラシで頭皮を叩いて毛根を刺激、昼メシはワカメうどん、洗髪する際には毛根から皮脂を洗浄し、最後になけなしの小遣いで買った育毛剤を一滴残さず頭皮に浸透させるなどなど、常に育毛、発毛を促すべく努力を続けている。それでも寄る年波には逆らえないで薄毛の範囲が広がっている」

 東に効果てきめんと評判の塗り薬があると聞けば、行って試し、西にこれぞ優れた育毛剤があると聞けば、大枚を叩いて購入する…。笑うことなかれ、多くの悩み多き男性がそんな涙ぐましい努力を重ねているのだ。

 しかも、多くの場合その効果のほどは、良くて現状を維持するのが精一杯というのが現実で、日頃のストレスや容易に改善できない生活習慣などのため、急激な劣化のスピードを制止することはできない場合が多いのではなかろうか。とりわけ、他人にはオープンに相談しにくい薄毛の悩みだけにあれこれ試行錯誤に対策を講じた末に、即座に満足できる結果が伴わないのではひたすら忍耐力だけが試されるだけで終わってしまうことになる。

 そこで、こんな苦悩の究極の解決策として、提案したいのが「自毛植毛」なのだ。いきなり「植毛」と聞けば、「痛い」「怖い」「危ない」という負のイメージを抱く人が多いかもしれない。ところが、実際にはこの分野での医療技術は飛躍的な進捗が図られていることをご存知だろうか。その中で自毛植毛専門のクリニックでは国内トップクラスのシェアを誇っているのが「アイランドタワークリニック」である。これまで、元競輪選手の中野浩一氏、ギャオス内藤こと元ヤクルト・スワローズの内藤尚行氏を始め、すでに2万0037人(2013年4月現在)が受けている施術は「i-direct式」による「自毛植毛」なのだ。

「自毛植毛」を簡単に説明すれば、根強い生命力を持った後頭部の毛を直接移植するもので、しかも、従来のストリップ式やチョイ式とはちがい「i-direct式」ではメスは不使用、もちろん頭皮切開を行うことなく、毛穴1つ単位で採取した毛根を0.65ミリの電動パンチで移植先に穴を開け、ピンセットを使わず空気圧で埋め込んでいく。まさにこれぞ、頭皮医療のイノベーションともいうべく高度医療技術が駆使されているのだ。メスを使わないi-direct式では、術後の痛みが少なく、もちろん回復速度も速くなる。おまけに、埋め込む際に空気圧を利用した移植法は従来のピンセットを使った方法に比べて、細胞組織を傷つけにくく、そのため生着率は実に95%と高い効果を得られるのだ。

 最近では、カツラや植毛であることを大っぴらにカミングアウトする芸能人も増えており、もはやひたすら包み隠す秘密ではなくなって来ている。それどころか、むしろ最先端技術による恩恵を受けることはより前向きに人生を謳歌しようとしている行為として評価されるのではなかろうか。手始めとして、キャンペーンサイトの中野浩一×ギャオス内藤の自毛植毛対談動画をはじめ、2人のビフォーアフターの写真など、この目で実際にご覧になった上で新しい植毛時代を体感してほしい。さらに嬉しいことに1月31日までは2人の対談を記念して、特別価格での手術を行っているのも見逃せない。

 もちろん、これまで通り発毛剤や育毛シャンプーを使った養毛作業で束縛されることもいいだろう。しかし、本気で薄毛をなんとかしたいと考えるのであれば、くよくよと悩み続けるよりも思い切って新しい飛越を決断することも大事なのではなかろうか。イタリア・ACミラン移籍を決断した本田圭佑のように心の中の「リトル本田」に聞くまでもなく、確実な結果が残せる「アイランドタワークリニック」で「自毛植毛」を即座にチャレンジすべきではないか。もちろん、資料請求、カウンセリングも無料、まずはHPを。

「自毛植毛専門クリニックアイランドタワークリニック」

Sponsored by アイランドタワークリニック

 

薄毛だった芸能人も成功している最先端の自毛植毛技術とは?

かつら、育毛剤、サロン、植毛…種々ある薄毛治療の中でコスパが良いのはどれ!?

「知らないと損する!? 今注目の薄毛治療〝自毛植毛〟の最先端技術」

カテゴリー: 特集   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
4
叶姉妹が男性のシンボル型アクセを公開!ニギニギショットが艶すぎるッ
5
浜崎あゆみ、すっかり「インスタ芸人」状態に「コンサートだけに絞れば?」の声