スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/自在戦に磨きがかかる郡司が本命

【「豊橋記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】

◎郡司浩平/○山口拳矢/▲清水裕友/△稲川翔/佐藤慎太郎/渡部哲男/松坂洋平/山田英明/和田圭/取鳥雄吾/坂口晃輔/高橋晋也

 たとえ勝てなくても好走すれば、戦える感触を手にするのが若手機動型だ。

「豊橋記念」(1月20日【木】~23日【日】)は、各地区に先行と追い込み選手がバランスよくそろう。細切れ戦濃厚で、出入りの激しいシリーズになりそうだ。

 本命には郡司浩平を推す。前走の和歌山記念(【1】【1】【1】【1】)では珍しく後方に置かれるシーンもあったが、慌てずに巻き返して圧巻の4連勝。SS班3年目になり、自在戦にますます磨きがかかっている。記念連続優勝で勢いに乗る。

 対抗の山口拳矢も、名古屋(【2】【2】【1】)で好スタートを切った。年末は落車の影響で精彩を欠いたが、調子は戻っている。吉田敏洋─坂口晃輔との中部トリオで逆転にかける。

 その吉田は、有力候補の12人には入れなかったが、昨年の覇者であり、若手顔負けの先行で戦い抜いている。番手戦は得意とはいえないものの、山口の仕掛けしだいでは連覇もある。

 あとは動ける清水裕友と、先行不在も、位置取り強引な稲川翔の一発を警戒する。

 機動型ばかりの静岡ヤングGPで先頭に立ち、2着に粘った高橋晋也のパフォーマンスは、インパクトがあった。あの一戦で逃げ脚に再び自信がよみがえり、勝ち上がるようなら、佐藤慎太郎との北日本コンビで大暴れしそうだ。

【大穴この1車】

 吉本卓仁(福岡・89期)。

 大みそかが最終日だった地元久留米(【3】【2】【1】)での優勝を2万円の高配当で締めくくったように、FI戦、グレード戦を問わず、量産する1着がよく万車券になる。GIIIでは9月平塚(【1】【未】【1】【9】【9】)の1着2本が1万円と4万円。その前の6月には久留米記念(【1】【3】【1】【落】)の2次予選と準決勝、福井(【1】【1】【5】【2】)の2次予選と最終日が万車券。1着流しで狙う手もありだ。

【狙い目の伏兵3人】

 藤井侑吾(愛知・115期)はS級2場所目の7月富山記念(【2】【1】【2】【3】)でいきなり好走。その後はFIの決勝戦進出が1度だけで伸び悩んでいるが、ここは地元戦だけに見直したい。

 福永大智(大阪・113期)は先行して、よく2、3着に粘っている。しっかりしたガード役がつけば逃げ切りがある。

 今期S級入りした原田亮太(千葉・115期)が、前走の名古屋(【5】【6】【5】)で初日と最終日にバックを取っていた。次走は静岡記念と新人には過酷な連戦が待っているが、一度でも車券に絡むようなら、今後が楽しみになる。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
4
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史