スポーツ

東尾修に気に入られたきっかけは“赤っ恥カラオケ”!?あの西武投手OBが回顧

 西武、中日、ダイエーのセ・パ3球団でピッチャーを務めた元プロ野球選手の杉本正氏。現役時代、タイトルには恵まれなかったものの、2ケタ勝利を挙げること3度の実績をもち、西武での1982年と、中日での86年、87年にはオールスターゲームにも出場した人気選手だった。

 その杉本氏が、主に広島で活躍した高橋慶彦氏のYouTubeチャンネル〈よしひこチャンネル〉に出演。杉本氏が西武に籍を置いた時代の「ケンカ投法」の異名もとった東尾修氏とのエピソードを振り返っている。杉本氏の西武時代は81~84年だったが、当時、現役生活終盤だった東尾氏は杉本氏にとって大先輩にあたるわけだが、とある共通の事情から、「お前が気に入った」と東尾氏から可愛がられたというのだ。同チャンネルの1月24日付け投稿回〈【東尾修】杉本さんが語る東尾修さんの伝説!【杉本正】【高橋慶彦】【プロ野球OBに会いに行く】〉でのことだ。

 それは杉本氏が西武に入団してまもないキャンプ前日のこと。当時、キャッチャーだった大石友好氏の誘いで東尾氏とともに、六本木に連れ立った杉本氏。

 そこで、“音痴”であると認識していることで敬遠していたカラオケで歌うよう言われたという。しかたなく、イヤイヤ歌ってみると、みんなが笑い転げた。ところが、東尾氏も実はカラオケがさほど得意ではないことから「お前が気に入った」と、その頃からの縁なのだと懐かしく振り返ったのだった。

 また、普通ローテーションは「中4日」「中5日」と呼ぶところ、東尾氏は「4勤1休」と言っていたそうで、銀座を始めとした夜の街に通う日のことを「勤務」、登板日は「休み」といった解釈をしていたとも杉本氏が回顧。酒豪で鳴らした東尾氏らしい遊び心あふれる逸話も盛り込まれ、興味深いトークであった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】