スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ハーメティキストが混戦に断」

 寒さのただ中で行われる今週のメインは東京新聞杯。マイル路線を歩む馬は粒ぞろいで、フルゲート必至だ。

 この春にはGI安田記念が控えており、とにかく顔ぶれがいい。実績からそう大きく抜けた馬はいないものの、これから伸してくるであろう素質馬や期待馬が多く、とにかく目の離せない重要な一戦である。

 皐月賞(10着)のあと、目下3連勝中のイルーシヴパンサーは、マイルというカテゴリーを問わず、今後の活躍が見込まれている。期待値においても最たる存在で、どんなパフォーマンスを演じてくれるのか興味は尽きない。

 ほかにも古豪カラテ、カテドラル、昨年の牝馬クラシックで好走したファインルージュ、オープンで3連勝中のプリンスリターン、暮れの阪神カップで2着に好走したホウオウアマゾンなど、顔ぶれは多士済々。馬券的にも簡単には決まりそうにない、見応え満点の重賞と言っていい。

 別定戦でありながら、難解なのはデータが示すところである。03年に馬単が導入されて以降、これまでの19年間、その馬単での万馬券は9回(馬連は6回)。この間、1番人気馬は3勝(2着2回)、2番人気馬は2勝(2着2回)。1、2番人気馬でのワンツー決着は2回のみで、波乱含みの重賞とみてよさそうだ。

 年齢的には明け4歳馬の活躍が目立っており、8勝2着7回は他の世代を圧倒している。ノビシロのある4歳馬は、やはり一目置かねばなるまい。

 といっても、古馬も負けてはいない。5歳馬は4勝(2着2回)、6歳馬は6勝(2着5回)。特に6歳馬は、この春までがピークなのだろう。出走頭数が少ないわりに、とにかくよく頑張っている。目が離せない存在だ。

 あとは牝馬である。スピード、決め手の有無が問われるマイル戦は、牡馬との差はそう大きくなく、実績のある馬は断じて軽く見るべきではない。

 いずれにしてもフルゲート必至で大混戦。なかなかつかみどころのない競馬で、難解極まりない。悩むところだが、穴党として最も期待を寄せてみたいのは、ハーメティキストだ。

 短中距離で圧倒的な力を見せていたロードカナロア産駒にしては、奥手といっていい馬で、体質的な弱さから間を開けて使ってきたこともあり、ここにきて本格化してきた。それだけに6歳といっても、まだまだノビシロ十分だ。

 前走、暮れのディセンバーSでは流れが不向きで6着に終わったが、道中で不利もあり、決して悪い内容ではなかった。しかも少し重め残りの状態(前走比プラス8キロ)。それでいて勝ち馬とコンマ5秒差なら、巻き返しがあっていい。

 暮れから正月にかけて抜かりなく調整されており、1週前の追い切りは実にリズミカル。軽快な動きを披露していた。ならば期待していいのではないか。

 強烈な末脚が身上で、直線の長い東京コースは持ってこい。マイル戦での実績はイマイチだが、心身ともにたくましくなった今ならマイルの舞台でこそ、本領を発揮するタイプではないだろうか。

 休み明けを使われて3戦目。走り頃でもあり、混戦に断を下すのはこの馬とみたい。

 一方のきさらぎ賞は、ショウナンマグマに期待だ。

 前走の葉牡丹賞でも注目していたが、勝ち馬とは半馬身差の4着。しかし、やや重め残りの仕上がり(前走比プラス10キロ)で、勝ちにいっての結果。力が確かなのは明らかだ。

 この中間は順調で芝2000メートルはピッタリ。勝負強い馬でもあり、勝ち負けになっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」