芸能

清野菜名、キングダム羌カイ抜擢に原作ファンが「あの3人じゃなくてよかった」

 ここまで異論がないのも珍しいところ。

 女優・清野菜名が、映画「キングダム2 遥かなる大地へ」(2022年夏公開予定)で、同作のヒロイン的キャラクター・羌カイ(きょうかい)を演じることが1日、同作の公式サイトにて発表された。

 公式サイトでは「宿命に抗え-」とテロップの入った横顔の画像に「羌カイの剣術を表現するためトレーニングを積み重ねて挑んだ、アクションにもご期待ください」とコメントを添え紹介した。

 清野の事務所公式インスタグラムも同日に、今年初めて更新され、「2022年最初の投稿は、どうしてもキングダム2への出演投稿から始まりたく!ご挨拶遅くなり申し訳ございません今年も清野菜名をよろしくお願い申し上げます!!!」と新年のあいさつも添えて投稿。続けて、「羌カイでございます..((((ガクブル なんたる光栄。。最初にキングダムを読んだあの日から、脳内で舞い、戦い続けた清野の羌カイを、実写で、この目で、現実で観れる日が来ようとは、、感無量であります、生きててよかった」と綴られており、この投稿からもいかに清野側にとっても大きな仕事かが窺える。

「1月1日に公開されていた『キングダム2』のティザー映像でも羌カイの横顔がほんの一瞬だけ映っていましたが、マスクで顔が隠されていたこともあって、羌カイを演じている女優については広瀬すずや浜辺美波、土屋太鳳などといった予想がネット上で繰り広げられていました。ただ、羌カイは可愛らしいビジュアルに加え、特殊な呼吸法を操る“巫舞”を使って戦う、戦闘能力の高いキャラクターとあって、可愛さだけの女優には演じてほしくないというのが原作ファンの本音でした」(エンタメ誌ライター)

 そのため、キャスティングによっては賛否が大きく分かれる羌カイ役だったが、清野が抜擢されたことについて、世間からは「清野さんなら運動能力も高いし、文句なし」「美人で男前キャラができて、何よりアクションができるし、適任だね」「『るろうに剣心』の佐藤健もそうだけど、ビジュアルだけじゃなくアクションできる人が起用されてるのは好感持てるな」「とりあえずはこじるりじゃなくてよかった」など、賛成意見ばかりが見受けられている。

「清野については14年公開の映画『TOKYO TRIBE』と、15年公開の映画『東京無国籍少女』でアクションシーンを熱演。16年に開催された『ジャパンアクションアワード』授賞式でも、『東京無国籍少女』の演技が評価され、ベストアクション女優賞を受賞していますし、適任でしょう。ただ、私生活では20年6月に生田斗真と結婚。昨年10月には第1子妊娠を報告していたこともあって、原作ファンの中では羌カイ役の出演予想リストから外れていました。妊娠発覚前に撮影は終了していたというまでの話ですが、原作ファンとしては意外性もあるうえに大満足のキャスティングということでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 原作ファンからは「羌カイ役次第」とも言われていたほどのキーとなるキャラクターの人選に見事に成功したことで一気に公開が待ちきれなくなったという人も多いだろう。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す