エンタメ

元看護師美女、“患者に手でしてあげる?”疑問への回答動画に男性視聴者が感謝

 YouTubeチャンネル〈さきっちょナースたき〉は、チャンネル概要欄にある通り、元看護師の〈たき〉が開設者。2月4日朝現在(以降、全てこの日時の記録)、チャンネル登録者数は7.96万人と、まだまだこれからの発展途上ながら、視聴回数は310万回超えと当チャンネル1番、かなりの数字を稼ぎ出す投稿回もあった。

 それは、同チャンネルの2020年8月18日付けで、タイトルを説明すると、〈【看護師の本音】〉から始まり、“下腹部を表す言葉”に〈洗浄〉を合わせた用語を続け、それを〈している時の気持ち【衝撃?!】〉とつなげたものを銘打った投稿回。

 ナース服を思わせるピンク色を基調とした衣装で登場の、ぽっちゃり美人の〈たき〉が、「看護師が、患者様のあそこを見てどう思っているのか…って気になりますか?」と番組冒頭、かなり踏み込んだコメントでスタート。医療関係者以外の友人から多く寄せられる質問なのだそうで、それに本音で回答しようと言う内容だ。

 まず、タイトルにもある“下腹部の洗浄”を意味する用語は、ケガや病気から自分でお風呂やシャワーができない患者に対するケアであると説明。そのうえで、看護師が下腹部を見てどう思っているのかについて、「本っ当に何も思わない!」…つまり“無の境地”なのだとし、またケアをしていてムラムラすることはあるのか?…や、もし男性の下腹部が興奮していたら手でしてあげる?…といった、よくあると言うケシカラン質問にも、こう胸を張り笑顔で回答した

「100%…いや120%ないです!」

 視聴者からは、〈勉強になりました。ぜひぜひ続編をお願いします。〉〈男性の不安に対応していただいてありがとうございます。これからも大切な話題を取り上げてわかりやすく解説してください。〉と称賛のコメントが相次いだ。

「男女の営みの際には演技をするのか?」「女性経験の多い男性と少ない男性のどちらが好み?」…といった看護師とは無関係の質問に答える投稿回もあることから、一女性の本音を探りたい男子諸兄にも参考になるかも…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション