スポーツ

「松井秀喜争奪戦」でヤンキースが巨人に完封勝利?(2)

201402131

 巨人番記者が語る。

「原監督が結果を出しているので、このまま長期政権となっていく可能性はあります。一方で、フロントは新聞の部数増のために現在、人気の劇的回復を目指しているんです。そうなると、改革のための次期監督候補の中でも、松井という大スターの名前が誰よりも優先されるのは当然で、現場の混乱もおかまいなしに『まずは原監督の下で松井ヘッドコーチ』といった具体案まで飛び出しました」

 もちろん、メジャーでも多くの経験を積んだ松井臨時コーチの指導は、チームにプラスとなる面はあるはず。だが、心配されているのがフロントの暴走だ。

 2月11、13日には松井氏と長嶋氏の2人がグラウンドにそろい、いわば“御前試合”が行われる。そして、なんとこの日までにベテランも含め、全選手がコンディションを仕上げてくるよう、異例の指示が出されているというのだ。

「例年であれば3月中旬のオープン戦、東京ドームの開幕戦でレギュラー陣勢ぞろいという調整です。例えば、今年はFA移籍してきた大竹に川口投手コーチは、1年目だけにマイペース調整を伝えていますが、その約束もホゴにされる。“松井監督実現”という目標に向かう一大イベントを盛り上げるため、まるでケガ人を出すこともいとわずに早く仕上げることを求められる選手の間からは、『全員がWBCだよ』という声まで出ています。原監督もたまったものではないでしょう」(球界関係者)

 まさかチームを強化するはずが、かえってマイナスとなる。これでは、ますます松井氏の本意ではない方向へと向かってしまうではないか。そもそも松井氏は、先のように宮崎での臨時コーチ就任には乗り気ではなかったという。

「松井は02年オフにFAで巨人を出る際に、当時の球団幹部に『誰のおかげで、ここまで来れたと思ってるんだっ!』と吐き捨てられましたからね。結局、尊敬する恩師・長嶋氏の名前を出されるとムゲにはできませんから、“臨時”という形であったから協力したのでしょう」(スポーツ紙デスク)

 そして放っておかないのが、海の向こうからラブコールを送るヤ軍である。

「ヤ軍は現在、ジラルディ監督と17年シーズンまでの4年契約を結んでいますが、次期監督候補には、松井が気がねなく話し合える盟友・ジーター(39)が取りざたされている。その際は、松井の打撃コーチとしての入閣も期待されていますね」(メジャー担当記者)

 いずれにせよ、引退してもなお、日米で海を隔てて争奪戦を起こす松井氏の実力に脱帽である。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手