芸能

小島瑠璃子、想いを寄せていた2男性に告白もネット民から“ヤケクソ?”の声

 タレントの小島瑠璃子が2月15日深夜に放送されたバラエティ番組「あのとき告っていればどうなった?!」(日本テレビ系)に出演。過去に気になっていた男性2人に告白するも、見事に撃沈した。

 同番組は「昔好きだったけど告白できなかった人」をスタジオに招待し、勇気を出して告白するといった内容の番組で、小島は芸能界デビュー直前の高校1年生の頃に好きだったという校内No.1のイケメンの先輩、さらに今まで仕事したスタッフの中で一番イケメンだったというチーフディレクターに伝えられなかった思いをぶつけている。

「残念ながら、どちらの男性も、もし小島に告白されていたとしても断っていたというアンサーでした。高校時代の先輩に関しては、話したことはなかったものの小島から思い切って連絡先を聞いていたといいますから、本当に好きだった先輩なのでしょう。どちらの男性についても小島は”校内で1番のイケメン”、”仕事してきたスタッフの中で1番イケメン”とイケメンであることを強調。20年放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)では、友人のSHELLYから『あいつ(小島)はなかなかの面食いです。“男は顔だ”って何回聞いたか』と暴露されており、小島自身も『けんかしてても翌日パっと見た時にめっちゃイケメンだったら許せるじゃないですか』と、イケメン好きを公言しています」(エンタメ誌ライター)

 ただ、今回の番組を見た視聴者からは「こじるり、キングダムとの破局以降、ヤケクソって感じだな」「ちょっと自分を安売りしすぎじゃない?」「う~ん、結局はキングダムのイメージしかないわ」など、呆れる声も見受けられている。

「やはり小島といえば、人気漫画「キングダム」の作者である原泰久氏の元カノという印象がどうしても強いです。しかもすでに破局しているとはいえ、当時は、略奪愛疑惑まで浮上していましたから、世間のイメージもよくはなかった。そのため原氏と昨年6月に破局報道が出た直後は破局を自らネタにしていましたが、現在はあまりそこは掘り返さずにバラエティ番組で恋愛観がわかる発言を頻繁にしたり、今回のような恋愛遍歴が分かる企画に積極的に参加してみたりと、恋愛系の話題で“上書き”する戦略に出ているように思えます。ただ、恋愛観をオープンにしまくっている結果、ネット民からは、『今はイケメンじゃなくても金持ちならOK! ただし、筋トレマニアNGって感じか?』など、ヤユもされていますが…」(前出・エンタメ誌ライター)

 どうしても原氏のイメージがまだ強いだけに、男性陣も少々手を出しにくい雰囲気もあるだろうが、日々小島が“努力”していることは間違いないご様子。もう少し辛抱すれば再びモテ期がくる!?

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意