芸能

浜田雅功、「40歳超で良さわかった」小室哲哉と組んだあの大ヒット曲“誕生裏”

 ダウンタウンの浜田雅功が、3月15日放送の「ごぶごぶ」(MBSテレビ)に出演。1995年の大ヒット曲「WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~」の制作秘話を明かした。

 この日は、湘南乃風・HAN-KUNを相方にした街ぶらの様子を放送。移動のバスの中で、 HAN‐KUNが浜田の「WOW WAR TONIGHT」をカバーしたことが話題になった。

 浜田は「俺は2回ぐらいレコーディングで歌ったのかな」と自身のレコーディングを振り返り、HAN‐KUNから「頭から最後までずっと歌ってということですか?」と問われると、 浜田は頷きつつ「頭から1回歌って、小室さんが『じゃあもう1回いこうか』って言うから、『いや、小室さん、何回歌っても一緒ですよ』って。『あっ、そう』って言われて、それで終わりそうになってんけど、『いやいや、もう1回だけ歌おうよ』言うて…」と笑った。

 さらにHAN‐KUNは「浜田さん、基本的にキー高めですよね」と質問。浜田は「前もどこかで言うてんけど、『ごっつええ感じ』(フジテレビ系)撮ってるときに『小室さん来られてます』って言われて、コントの途中で呼ばれて隣のスタジオに行ったら、ガランとしたところにピアノだけ置いてて、そこに小室さん座ってた」と回想。

 さらに「ポンって鍵盤指して、『ここ出る?』って言ったら、『あー』。『はいはい、ここは?』、『あー』。『ああ、出るね。ここは?』『あー』。『下は?』『あー』。『はい、わかりました』 って帰っていってん」とキーを確認した様子を語り、「それで『WOW WAR TONIGHT』。 あんな簡単に作るんやと思った」と驚いたことを明かした。

「浜田は1995年にリリースしたこの曲について、『出したときはホンマに思わへんかったけど、40代超えてからもう1回あの歌詞をちゃんと聞いてみると、ええ歌、歌ってたんやなと思って』と話していましたが、累計213.5万枚の大ヒットで、お笑い芸人によるCDの売り上げとしては歴代1位。小室はのちに曲のコンセプトについ『浜松町で働くサラリーマンを見ているうちに応援歌になった』と語っているように、今でも応援ソングとして人気は高いようですね」(芸能ライター)

 当時は人気者のコラボ企画としか思わなかったが、実は名曲だったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴