芸能

お笑い第7世代ブームに幕!? 霜降り明星は「第2のオリラジ」になるのか

 お笑いコンビ「霜降り明星」が「第2のオリラジ」になる──。そんな声が上がっている。

 きっかけは、4月に入って放送された深夜「有吉クイズ」(テレビ朝日系)。霜降り明星のせいやが久々に同番組に出演したのだが、有吉に「今まで結構出てくれなかったけど、なんで?」と聞かれ、「番組が裏で被ってて」と答えたのだ。そして「ビックリするぐらい(番組が)終わったんですよ」と吐露してから「(芸能界って)怖いっすね。霜降り明星、今年頑張らな、死にます」と語ったのだった。

 霜降り明星はこの春に、「霜降りミキXIT」(TBS系)や「笑いの学校」(日本テレビ系)、「芸能界常識チェック!~トリニクって何の肉!?」(テレビ朝日系)など、冠番組やレギュラーが一気に消えた。危機感を募らせるのは当然だろう。

 吉本興業は過去に、若手有望株を一気に売り出したことがあった。その筆頭はオリエンタルラジオの藤森慎吾と中田敦彦だ。NSC在学中から「M-1グランプリ」の準決勝に進出し、05年にデビューして一気にブレイク、07年には芸歴2年目で冠番組が4本スタートし、レギュラー10本ほどを抱える売れっ子になった。ところが‥‥。

「『武勇伝』ネタがウケて一時は飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、すぐに飽きられて『オリキュン』『週刊オリラジ経済白書』などが次々に打ち切られた。あの時は『早すぎる出世』と言われ、周囲からは『まだ経験も実力もないのに、人気だけが先行しすぎる』と懸念する声が多かった。案の定、番組の視聴率がダウンし、あっという間に飽きられてしまいました」(民放局スタッフ)

 霜降り明星の場合は18年に「M-1」で優勝して第14代目王者に。オリラジとは違い、漫才の実力は折り紙付きだ。お笑い第7世代のトップランナーとしてミキ、EXIT、宮下草薙らも引っ張ってきた。

 しかし相次ぐ番組打ち切りで、その流れまで萎んでしまいそうな雲行きになってきた。劣勢を跳ね返すことができるか。「第2のオリラジ」だけは避けたいところだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史