スポーツ

「騎手リーディングTOP3」で大儲けだッ(1)川田将雅の継続騎乗の時は鉄板級の信頼度

 春GIシリーズで盛り上がる中、リーディングジョッキー争いは川田騎手が独走中だ。2位と3位は若手の岩田望騎手と横山武騎手、5年連続リーディングのルメール騎手は4位に甘んじている。上位を走る3名の得意&不得意コースをチェックして、資金の倍増を狙おう。

 桜花賞で7番人気のスターズオンアースを勝利に導くなど、58勝(重賞4勝)の川田将雅騎手(36)が初の全国リーディング獲得に向けてトップを快走している(4月17日終了時点)。

 一方、17年から5年連続リーディングに輝いているC・ルメール騎手(42)は36勝(重賞0勝)の4位。すでにその差は22勝までに広がっている。スポーツ紙栗東担当記者が話す。

「川田騎手は昨年3月の高松宮記念で史上9人目の重賞通算100勝を達成し、11月には米国のBCフィリー&メアターフをラヴズオンリーユーとのコンビで制覇。日本人として初のBC優勝に輝くなど、まさに今、円熟期と言えますね」

 19年から152勝、167勝、136勝と3年連続で3ケタ勝利をマークしているが、特筆すべきはその内容だ。連対率4割、3着内率(複勝率)は楽々と5割を超えている。

 週刊アサヒ芸能連載でおなじみの競馬ライター・伊吹雅也氏が解説する。

「栗東所属だけあり、阪神の芝外回りコースが狙い目です。表の得意コースに挙がらなかった芝1600メートルでさえ、3着内率は61.7%(複勝回収率96%)ですからね。ただし、同じ阪神の芝でも内回りの1200メートルは、勝率4.2%と低調なので軽視したいです」

 川田騎手は芝1200メートルGI高松宮記念(中京)とスプリンターズS(中山)の春秋連覇を成し遂げているだけに意外に思えるが、それには理由があるようで、

「昨年30勝した中内田厩舎とのコンビをはじめ“お得意様”の厩舎が芝1200メートル戦をあまり使わないことが一因かと。やはり、川田騎手の狙い目はマイル以上のレース。特に阪神芝1600メートル以上や中京の芝2000メートルで継続騎乗の時は、鉄板級の信頼度です」(栗東担当記者)

 川田騎手の特徴のひとつが、騎乗数の少なさであり、騎乗馬に対するジャッジの正確さだ。東の美浦トレセン関係者も感心する。

「連勝馬の継続騎乗依頼でもシビアに断る。調教師も驚くほどのクールさです。好レースをしたあとのコメントで『精いっぱい頑張ってくれました』なんてトーンの時は『頭打ちですね』という意味合いも含まれているそうです」

 馬券術的にみれば、川田騎手からの乗り替わりは、たとえ人気馬でも疑ってみる価値はありそうだ。

「19年4月13日~22年4月10日に施行されたJRAのレースに川田騎手で出走した馬の次走の成績を調べたところ、継続騎乗の馬は3着内率57.2%、他の騎手に乗り替わった馬の3着内率は37.6%。一般的に乗り替わりの馬は好走率が低くなりがちですが、20ポイント近く差がついているだけに注意したいところです」(伊吹氏)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
自分を人気者と勘違い!東国原英夫にブチ切れた蓮舫に「そりゃ3位だわ」嘲笑の嵐