芸能

小嶋陽菜 新CMでも魅せた“極上ボディ”で将来も安泰?

「競馬場でパッと服を脱いだ瞬間、いい匂いがしてきそうなんですよ。あれは、こじはるにしかできない芸当だと思います」

 親子2代の司会者である徳光正行氏は、2月19日から始まった「ピーチ・ジョン」の新CMを見て、AKB48の小嶋陽菜(25)を絶賛する。テレビ画面から芳香が漂うとは、唯一無二の持ち味であろう。

 今回のCMではジョッキーに扮したこじはるが、ぶっちぎりの優勝を飾ってインタビューに答える。

「ワークブラIIで軽くなったからです☆」

 その瞬間、ストライプのユニホームを脱ぎ捨て、ピンクのランジェリー姿を披露する。まるで白桃のようなムチムチの肌がまばゆいばかりだ。アイドル評論家の織田祐二氏は、CMの意図以上にこじはるのボディに釘づけだ。

「ブラは20%軽くなったことがウリだけど、むしろ、こじはるのバストが30%は増量されている気がします。相変わらず形の整ったバストですね」

 シリーズ化されている同CMでは、これまでも「パーティドレスが車に引っ掛かり、黒の下着姿にひん剥かれる」など刺激的なバージョンがいくつもあった。今回は競馬番組でレギュラーを務め、競走馬・モンドシャルナの名付け親でもあるこじはるにピッタリの明るい企画だが‥‥。

 アイドル評論家の小谷哲氏は、実は衝撃の映像だと称賛する。

「自然光の下で、しかも周りに人もいっぱいいる中で脱ぐというのは、テレビCMとしては限界ギリギリだと思います。AKB48って、選抜総選挙に代表されるように、ものすごく真面目で見ていて切ない部分もある。その点、こじはるだけはパーフェクトなボディなのに無防備さが光る。たぶん30代になっても、安定して売れているだろうなと思います」

 昨年10月発売の「ハート・エレキ」では初めてセンターポジションを取り、資生堂の「TUBAKI」でも一流のモデル陣に交じってミューズに任命されている。大のこじはる推しを自称する徳光氏は、こうした肩書に左右されない部分こそが真の魅力だと言う。

「いい感じに腰が太いところが安産型というか、男に安心感を与えます。もしかしたら、俺でもいけるんじゃないかという妄想をかなえてくれそうな“隙だらけ感”がたまらない。これはアイドルグループの歴史においても別格ですね」

 CMの次回作、いや、次々回作まで早くも楽しみだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク