政治

ウクライナ「日本に感謝なし」で「もう千羽鶴を送りつけてやれ!」論争が勃発

 ロシア外相が「第三次世界大戦もありうる」と言及してしまったウクライナ戦争。そんな中、日々の攻撃を受けているウクライナ国民とはまるで無関係なところで、支援国との亀裂が生じることに…。

 コトの発端は、支援国に対してウクライナ外務省からの感謝の意を伝えるビデオ映像。31カ国にも及ぶ支援国を紹介したのだが、その中に日本が含まれていなかったことが大きな波紋を広げたのだ。

 日本は防弾チョッキやヘルメット、防寒服などの自衛隊装備品や発電機をウクライナ政府に寄贈し、3億ドルの支援を表明。ウクライナからの避難民も受け入れている。国際部デスクが言う。

「先日もウクライナ政府の公式とされるツイッターに、

ファシズム関連の吊るし上げで昭和天皇の顔写真がヒトラーらと共に並べられる騒動が起き、在日ウクライナ大使館が謝罪することに。返す刀で今回の支援国に日本がなかったことで、自民党部会が問題にしたんですね。そのニュースが拡散されると、SNS上には『もう支援しなくていい』『所詮は旧ソ連同士の揉め事』『日本はただのATMですか』『岸田首相がピエロに見える』など、憮然とした意見が投稿されました。ウクライナへの同情や支援の気持ちが薄らぐ原因になっていることは確かなようです」

 ワイドショーのご意見番たちが、ウクライナへ日本独特の千羽鶴を送る案について「迷惑だ」「バカげている」と論争を繰り広げたこともあるが、

「今回の『感謝なし』騒動を受けて『もう千羽鶴を送りつけてやれ』『水とか食料はいいから千羽鶴な!』という新たな論争が巻き起こりました」(前出・国際部デスク)

 感謝はこちらから強要するものではないし、感謝されることを期待して支援するものでもない。さりとて、この納得のいかないモヤモヤ感はどうすべきなのか…。

(飯野さつき)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン