芸能

明石家さんまが桂文枝から受けた「下半身ギンギン」アドバイスの爆笑内幕

 お笑いタレントの今田耕司が、4月16日放送の「今田耕司のネタバレMTG」(読売テレビ)に出演。この7月で67歳になる明石家さんまのパワフル過ぎる素顔について語る場面があった。

 創業110周年を迎えた吉本興業は4月3日、4日に大阪「なんばグランド花月」で特別公演「伝説の一日」を開催。両日のトリ、大トリを担った「さんまの駐在さん」で、今田はナインティナイン岡村隆史、さんまと共演した。

 今田はその時を振り返り、さんまは舞台に3時間半ぐらい、ほぼ出ずっぱり。稽古の時は4時間超えだったそうだ。

 今田が「1日目終わって、爆笑やからそれでええやん」と思っていたところ、2日目もさんまが早めに稽古に入り、驚かされたという。お笑いライターが言う。

「さらにその稽古でさんまは前日の舞台について『お前ら、こうやったほうがええよ』などと細かくアドバイス。しかも『昨日帰ってから見てんけど、こっちの方がおもろいわ』などと、家に帰ってから初日の3時間半の映像を見直していたのだといいます。今田は改めてそのタフさとこだわりようにビックリしたのだと」

 また舞台終了後、出演者たちが客席に座って記念撮影した際、今田の隣で桂文枝とさんまが雑談。さんまが文枝に「70(歳)超えたら落ちますか」と尋ね、文枝が「70超えたらそうなるで。だけど、そういう気にもなるし…」などと返答。

 今田はそれを聞いて、さんまが芸人として70歳以降どうなるかを文枝に聞いているのかと思っていたが、よくよく聞くと「下半身の元気」についてだったと明かし、しっかりオチもつけていた。

 一時は65歳での引退を考えていたと明かしていたさんま。気持ちも下半身もギンギンで、今や退く気はさらさらなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す