芸能

明石家さんまが桂文枝から受けた「下半身ギンギン」アドバイスの爆笑内幕

 お笑いタレントの今田耕司が、4月16日放送の「今田耕司のネタバレMTG」(読売テレビ)に出演。この7月で67歳になる明石家さんまのパワフル過ぎる素顔について語る場面があった。

 創業110周年を迎えた吉本興業は4月3日、4日に大阪「なんばグランド花月」で特別公演「伝説の一日」を開催。両日のトリ、大トリを担った「さんまの駐在さん」で、今田はナインティナイン岡村隆史、さんまと共演した。

 今田はその時を振り返り、さんまは舞台に3時間半ぐらい、ほぼ出ずっぱり。稽古の時は4時間超えだったそうだ。

 今田が「1日目終わって、爆笑やからそれでええやん」と思っていたところ、2日目もさんまが早めに稽古に入り、驚かされたという。お笑いライターが言う。

「さらにその稽古でさんまは前日の舞台について『お前ら、こうやったほうがええよ』などと細かくアドバイス。しかも『昨日帰ってから見てんけど、こっちの方がおもろいわ』などと、家に帰ってから初日の3時間半の映像を見直していたのだといいます。今田は改めてそのタフさとこだわりようにビックリしたのだと」

 また舞台終了後、出演者たちが客席に座って記念撮影した際、今田の隣で桂文枝とさんまが雑談。さんまが文枝に「70(歳)超えたら落ちますか」と尋ね、文枝が「70超えたらそうなるで。だけど、そういう気にもなるし…」などと返答。

 今田はそれを聞いて、さんまが芸人として70歳以降どうなるかを文枝に聞いているのかと思っていたが、よくよく聞くと「下半身の元気」についてだったと明かし、しっかりオチもつけていた。

 一時は65歳での引退を考えていたと明かしていたさんま。気持ちも下半身もギンギンで、今や退く気はさらさらなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史