芸能

明石家さんまが桂文枝から受けた「下半身ギンギン」アドバイスの爆笑内幕

 お笑いタレントの今田耕司が、4月16日放送の「今田耕司のネタバレMTG」(読売テレビ)に出演。この7月で67歳になる明石家さんまのパワフル過ぎる素顔について語る場面があった。

 創業110周年を迎えた吉本興業は4月3日、4日に大阪「なんばグランド花月」で特別公演「伝説の一日」を開催。両日のトリ、大トリを担った「さんまの駐在さん」で、今田はナインティナイン岡村隆史、さんまと共演した。

 今田はその時を振り返り、さんまは舞台に3時間半ぐらい、ほぼ出ずっぱり。稽古の時は4時間超えだったそうだ。

 今田が「1日目終わって、爆笑やからそれでええやん」と思っていたところ、2日目もさんまが早めに稽古に入り、驚かされたという。お笑いライターが言う。

「さらにその稽古でさんまは前日の舞台について『お前ら、こうやったほうがええよ』などと細かくアドバイス。しかも『昨日帰ってから見てんけど、こっちの方がおもろいわ』などと、家に帰ってから初日の3時間半の映像を見直していたのだといいます。今田は改めてそのタフさとこだわりようにビックリしたのだと」

 また舞台終了後、出演者たちが客席に座って記念撮影した際、今田の隣で桂文枝とさんまが雑談。さんまが文枝に「70(歳)超えたら落ちますか」と尋ね、文枝が「70超えたらそうなるで。だけど、そういう気にもなるし…」などと返答。

 今田はそれを聞いて、さんまが芸人として70歳以降どうなるかを文枝に聞いているのかと思っていたが、よくよく聞くと「下半身の元気」についてだったと明かし、しっかりオチもつけていた。

 一時は65歳での引退を考えていたと明かしていたさんま。気持ちも下半身もギンギンで、今や退く気はさらさらなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
キャンプ激震!西武ライオンズに再燃する「身売り話」の深刻事情
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
フィリピン収容所「広域強盗団4人送還」の裏で動いた「2000億円」の効果
4
ハイヒールを履いたヤクザ風の男に和式便所に連れ込まれた吉本芸人の告白/坂下ブーランの地獄耳芸能
5
全国旅行支援トラブル続出でクレームの嵐!対象店で「クーポン使用不可」の理不尽