芸能

太川陽介の最新バス旅に「ヤラセ」はあったのか?ラランド・ニシダの言動を徹底検証

 太川陽介の「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 鬼ごっこ6」が5月4日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送。勝敗とともに注目を集めたのは、「ヤラセ」の有無だった。

 太川のバス旅は以前から、ヤラセを疑う声が上がっている。僅差の戦いを生み出すために、有利なチームの芸人がわざと足を引っ張っているのではないか、というのだ。

 4月6日の「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅11」で、疑惑は頂点に達した。芸人の牧野ステテコがミッションクリアに必要な卵が入った袋を放り投げ、割ってしまうというアクシデントが起きると「袋を投げた動きが不自然」「わざと投げたのではないか」と指摘された。

 この回のすぐ次が、今回の鬼ごっこ第6弾。そのため、大いに注目されたのだ。

 ここで足を引っ張る役に挙げられたのは、お笑いコンビ「ラランド」のニシダ。彼の一挙手一投足に視線が注がれた。

 結果はどうだったのか。ヤラセを疑われる行動はあったのか。テレビ誌ライターが証言する。

「結論から言うと、足を引っ張るような行動はありませんでした。むしろリーダーの太川を助ける行動が多かった。今回、ヤラセはないように見えました」

 ではこれで疑惑は払拭されたとみていいのだろうか。

「今回は有利なチームの足を引っ張る方向から、不利なチームのメンバーの底上げをするのに変更したのではないでしょうか。鬼ごっこにおいて有利なのは明らかに太川チームで、不利なのは松本利夫チームです。松本チームはこれまでDJ KOOや弁護士の本村健太郎氏、登坂淳一アナ、スギちゃんと、フィジカル的に足手まといになる人物がいました。それが今回は金子貴俊とユーチューバー『ヴァンゆん』のゆんと、走れる人で固めてきた。実際、走って相手との差を縮めています。こうして僅差の戦いが実現しました」(前出・テレビ誌ライター)

 順番でいえば、次のバス旅は「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦」。ここでまた疑惑が浮上するのか、再び注視する必要がありそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ