女子アナ

NHK林田理沙、「バストの張り」「目元のクマ」で結婚報道に「やっぱり…」の悶絶指摘

 5月3日の「サンケイスポーツ」でNHKの林田理沙アナが一般男性と結婚していたことが報じられ、女子アナファンに衝撃が走った。

 林田アナは2014年にNHKに入局後、長崎放送局から福岡放送局と渡り歩き、18年4月から東京アナウンス室に異動。「ブラタモリ」5代目アシスタントや「ニュースおはよう日本」を担当し、この4月からは「ニュース7」のサブキャスターに抜擢され、「次期エース」として活躍中だ。放送担当記者が解説する。

「最近ではEテレの『植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之』や『星野源のおんがくこうろん』など、バラエティー色の強い番組も担当。注目を浴びた『ブラタモリ』出演時同様、くだけた表情や柔軟さを見せ、さらに人気が急上昇していた最中の結婚報道でした。それだけにショックを受けたファンは多く、『ウソだと言ってくれ!』など、ネット上では嘆きの声が続出していますね」

 ここ数年、NHKでは井上あさひアナや和久田麻由子アナ、桑子真帆アナなど、人気女子アナの結婚・再婚ラッシュが続く。林田アナの結婚報道は女子アナファンにとってダメ押しの衝撃となったようだが、一部では「やっぱり…」とする声も出ていた。女子アナウォッチャーが明かす。

「もともと細身の彼女ですが、昨今はネット上で『バストの張りが凄い』と話題になることが多かったんです。『おはよう日本』などで、たまたまボディラインを強調したニット姿が多かっただけなのかもしれませんが、『私生活が充実してる?』との憶測も飛び交っていました。そのため納得の声も出ているわけですが、報道を受けてさらに注目されているのが、彼女の『目元』。こちらも色白ゆえなのでしょうが、『目の下クマが目立つと思ったら…』などと、夜の営みの充実ぶりを勝手に想像して悶絶するファンもいるほどです」

 NHKのアナだけに、正式な発表はナシ。彼女お目当ての男性視聴者にとっては、しばらく悶々とした日が続きそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
5
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由