芸能

ブリトニー・スピアーズ、マライア・キャリーに続く!? 浜崎あゆみの激太り

 浜崎あゆみ(35)の激太りがネットで話題を集めている。3月1日、東京・代々木競技場の第一体育館で開催された「第18回 東京ガールズコレクション2014 SPRING/SUMMER」に、浜崎あゆみがシークレットゲストで登場した。芸能ライターが言う。

「昨年12月にリリースしたあゆの新曲『Feel the love』が同イベントの公式ソングに起用されたので、出演の噂があったんです。が、12月12日に10歳年下の学生と婚約したあゆは恋愛モード真っ最中。年末の紅白とカウントダウンライブが終わるや、婚約者と手をつないで渡米してしまいました。

 だから、生あゆが登場した時はものすごいどよめきが上がったんです。そのうちそのどよめきが黒のブラとパンツのへそ出し姿で男性ダンサーを引き連れ歌って踊るあゆが激太りしていたことに対するどよめきだと気づきました。たまげましたね。二の腕はたぷたぷ、むき出しのウエストはくびれなし。あごのあたりもたるたるで、腰を動かすたびにウエストまわりの贅肉が波打って見えるんです。あの美意識の高い歌姫がこうまで変わるのかと我が目を疑いました」(芸能ライター)

 当日ステージに登場したモデルは総勢108人。台湾人学生との熱愛報道が出た香里奈やF1レーサーのバトンと婚約した道端ジェシカ、よゐこの濱口優と交際宣言した南明奈など話題は満載。だが、取り上げられた話題は浜崎の激太りだった。ネットでは激太り写真が次々に拡散され、手の付けられない状態になっている。コメントは「プロとは思えない」だの「単なるおばさん」だの「安室奈美恵を見習え」だのと、さんざんな言われよう。

 これまで厳重なメディア戦略で自分に都合の悪いものをことごとく排除してきた浜崎。

「登場する媒体を厳選したあげく、使用する写真に口出しして、修正させるなどうるさ型のアーティスト。かつて表紙に登場した香港の雑誌『Harper’s Bazaar Hong Kong』では、修正し過ぎで激ヤセボディーに仕上げさせ、ナルシストぶりが評判になった」(女性誌記者)

 カウントダウンライブの際にかかとの低い靴だったため、おめでた説が飛び出していた。あれから2カ月余。おめでたならもっと腹はせりだしているはず。幸せ太りか、運動不足か、はたまたストレスからくる過食か。歌姫と呼ばれ一世を風靡したブリトニー・スピアーズ、マライア・キャリーも今や激太りで見る影もない。浜崎も同じ末路をたどるのか。

「女性の注目する話題は恋愛とダイエット。今度は激ヤセして、ダイエット本でも売り出すつもりなのでは」(芸能リポーター)

「転んでもただでは起きない」歌姫への注目は尽きない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!