芸能

「花魁」安達祐実で思い出す菅野美穂の「女郎艶技」!

 安達祐実(32)が映画でついに脱ぐ。秋公開の映画「花宵道中」で、女郎役で一糸まとわぬ姿で大胆な濡れ場を演じた。

「舞台は江戸時代。安達が演じるのは、縁日で出会った職人と運命の恋に落ちる、吉原遊郭の人気女郎。職人役の淵上泰史や津田寛治を相手に激しい濡れ場に挑戦。バストトップ全開でくんずほぐれつの肉弾戦を見せています」(映画ライター)

 安達の撮影時の様子を芸能ライターがこう話す。

「腹の座り方は子役時代からの30年選手だけあって、さすがでした。昨年12月に東映京都撮影所で撮影したのですが、独特の雰囲気にのまれることもなく、淡々と演じていました。慣れない衣装や重たいかつらを付けての花魁道中の撮影にも不平ひとつもらさず、プロの仕事ぶりを見せていました。大人に脱皮できない子役として将来を案じられたこともあったが、昨年秋の写真集『私生活』(集英社)出版で一皮むけた。セクシーショットは『これから自分の意志で生きていくという決意表明』だったそうですから、女は強いとつくづく感じさせられますよ。『演技をする上で服を着ている、着てないは関係ない』が持論なので、さらなる脱ぎの仕事が続くかもしれません」

 さて、清純派のイメージの強かった女優が、遊女役で脱ぐといえば、思い出されるのが、映画「さくらん」(07年)で遊女役を演じた菅野美穂(36)だ。

 菅野は同作品で、赤い着物をはだけさせ、無防備な背中を見せながら、「はあ~ん」と色っぽい声を漏らしていたものである。

「菅野はこの作品で脱いで以降も敬遠されるわけでもなく、つい最近までサントリー角瓶のCMでバーのママ役をやるなど第一線の人気女優になった。この写真集から遊女濡れ場の流れが安達とシンクロしているように見えますね」(芸能プロ幹部)

 離婚も経験するなど苦労したことも含め、安達のますますの「オトナの女優」への変化が楽しみだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?
2
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
3
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
4
フジ久代萌美、松本人志への「干されればいいのに」発言に視聴者ドン引き!
5
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!