特集

「黄色い悪魔」に負けない腸を作る

Sponsored

 45年ぶりの大雪将軍が関東地方で猛威を振るったが、この次に確実に飛来するのは“黄色い悪魔”花粉だ。今年の花粉の飛散量は昨年よりも少ない予報となっているが、それでも飛散時期は例年よりも長引くという予報もあるから油断はできない。

 いまや国民病の花粉症対策の3原則は、花粉のそばに近寄らない、花粉に粘膜を触れさせない、花粉を家に持ち込まない…いささか原始的ではあるが、完璧に花粉を封じ込むことさえできれば、鼻炎などの症状の発生を抑えることができるのは間違いない。しかし、スギ花粉1粒はわずか30ミクロンの大きさ、実に100分の3ミリという極小サイズなだけに完璧にシャットアウトすることは至難の業と言えよう。くわえて、防戦一辺倒ではやはり心もとないというしかない。

 昨年、国民栄誉賞を受賞した松井秀喜氏が現役時代から重度の花粉症に悩まされてきたことは野球ファンには有名な話だが、今年2月にはジャイアンツ臨時コーチとして宮崎キャンプに赴任しながらも、「途中離脱などしたら選手への示しがつかない」と徹底した体調管理に務め、無事に初めてのコーチ職を全うしたという。

 もちろん、プロ選手並に徹底した体調管理を行うのは並大抵のことではないだろう。しかし、弱り目に祟り目というとおり、体調万全なら症状を抑えられても、体調不良なら症状を悪化させてしまうことが考えられるのだ。やはり、常に花粉と戦えるだけの免疫力をつけておき、万全な体調を維持しておくことがなによりの花粉症対策になるのは確かだろう。

 そこで近年、注目されているのが、ヨーグルトなどの乳酸菌がある。花粉症などアレルギーに関する研究では、乳酸菌が花粉症や通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和させる作用があるという報告が出されている。鼻炎などのアレルギーに大きく関与しているのがTh1細胞とTh2細胞の2種類の免疫細胞で、通常はこの2つの細胞はお互いにバランスを保っている。ところが、食生活や生活環境の変化などにより両者のバランスが崩れ、どちらかに偏ってしまうと花粉などのアレルゲンと反応するIgE抗体が過剰に作られてしまい、アレルギー症状が発生することになるのだ。

 花粉症に効果ありという花粉症グッズは毎年なにかと話題になるが、いまだに完璧な手段は出てきていない。あらためて、腸内環境を高めていくことこそがなによりの対策なのであろう。 

今年は乳酸菌を摂取してみてはいかがだろう。

カテゴリー: 特集   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
5
初写真集は20万部突破ある!田中みな実、「先端コリコリ胸」を“リアル”公開