社会

ウクライナ避難民 打倒プーチンに燃える東京「夜の国際交流都市・錦糸町」

 東京の歓楽街でも錦糸町が異彩を放つのは、外国人パブの豊富さだろう。パツキン美女に目がないマニアが集う街なのだ。そんな都内随一の「国際交流都市」では現在、ウクライナ旋風が巻き起こっているという。

 90年代から錦糸町では外国人パブが増殖し始めた。ホステスとして働くのは旧ソ連を中心とした東欧諸国の美女たち。その最大派閥は、国家規模に比例しているようで、今もってロシア嬢が多数を占めている。錦糸町の外国人パブ店員が最新情勢を教えてくれた。

「ウチでは4月、5月とロシア嬢を抑えて、ナンバー1はウクライナ嬢だね」

 ロシア軍の侵攻開始から3カ月、当初は非力とされたウクライナ軍が善戦。ここ錦糸町でも同様の光景が見られるというのだ。それも欧米の軍事支援以上のバックアップがあるため。

「もともと外国人パブに通う男は、単にブロンド好きというだけでなく、慣れない異国で頑張る女性を『俺が支えなきゃ』という心理が働いているわけ。戦争で苦しむ姿を見たら、なおさら客はウクライナ嬢に流れちゃう」(前出・店員)

 現に、週イチで錦糸町に通う経営者は「打倒プーチン」とばかりに、ウクライナ嬢に熱を上げている。

「偶然、席に着いたウクライナ嬢が『4月に親類が日本にやっと避難できた』と言うから、ついホロッときてね。入管への送り迎えを買って出ちゃった。以来、必ず彼女を指名して、先日は避難してきた彼女の母親と姉妹、それに従姉妹と一緒に寿司屋に行って御馳走したら、彼女が喜んでさ」

 思わぬ形で舞い込んだ店外デートに、すっかり鼻の下を伸ばし‥‥いや、紳士然と避難民に救いの手を差し伸べたというのだ。そんな経営者だが、他にも支援したい先があるという。

「ウクライナ人ママの店なんだよ。噂で侵攻後にプーチン支持のロシア嬢数人を辞めさせたと聞いて、ちょっと行ってみたんだけど、毎月のように新人が入店していて驚いた。みんなウクライナ嬢で、その新人に身の上話を聞いたら、避難民だっていうじゃない。しかも、全員20代でピチピチしていてタマんないんよ」

 ビザ取得の厳格化が進んだ00年代以来、新たに外国人ホステスが来日することは皆無に近い。現在、働く外国人ホステスは日本定住の資格を得た女性で、新人が入らないのだから年齢層も高くなってくる。ゆえに錦糸町で若さは武器になる。しかも同情を禁じえない避難民、男たちは義勇兵よろしく突撃してしまう寸法だ。

 おかげでウクライナ人ママの店は大繁盛。だが、思わぬ形で横ヤリが入った。

「5月27日、閣議後の会見で古川禎久法務大臣が『ウクライナ避難民が認められない業種で違法に働かされている』と発言。就労可能な避難民の特定活動ビザでも、ホステスに就職するのはアウトです。すでに熱い錦糸町の夜を察知した入管が5月下旬から見回りを始め、避難民ホステスに注意して回った結果、若いウクライナ嬢は店から姿を消しました」(地元関係者)

 一時的な戦争特需だったのか。それでも、錦糸町を愛する猛者たちは新たなパツキン美女を探して、今夜もへべれけになっている。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴