社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<CKD(慢性腎臓病)>患者数は約1330万人新たな国民病!

 近年、「CKD(慢性腎臓病)」という疾患が注目されている。患者数は約1330万人(20歳以上の成人の8人に1人)いると考えられていて「新たな国民病」とも言われているのだ。増加の原因は、生活習慣の欧米化や高齢化が進んでいるためだと考えられる。

「CKD」は、腎臓の働き(GFR)が健康な人の60%以下に低下する(GFRが60ml/分/1.73平方メートル未満)か、タンパク尿が出るといった、腎臓の異常が続く状態を指す。

 腎臓機能は、年齢を重ねると低下していくため、高齢者になるほど「CKD」のリスクが高くなる。他にも、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常、肥満やメタボリックシンドロームなど、家族に腎臓病のリスク因子を抱える人は要注意だ。

「CKD」の厄介な点は初期に自覚症状がほとんどないこと。進行すると、夜間尿、むくみ、貧血、倦怠感、息切れなどの自覚症状が現れるが、その時にはかなり進行している可能性が高い。腎臓はある段階まで悪化してしまうと自然に治癒することは難しい。そのためにも定期的に健康診断を受けて早期発見で治療することが望ましい。

 オーストラリアのボンド大学の研究によると、健康的な食事の摂取で「CKD」の進行を抑えられることが明らかになっている。具体的な食事スタイルは、塩分や脂肪の多い肉、糖質の多い菓子類、清涼飲料水、アルコールを控えること。野菜や豆類、ナッツ、全粒穀物、魚、低脂肪の乳製品、果物の積極的に摂取することだ。

 これで「CKD」の発生リスクを30%減少でき、初期の腎障害の指標となるアルブミン尿のリスクを23%減少させられるという調査結果が出ている。

 定期的検診と健康的な食事を心掛けて「CKD」を予防しよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論