社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<CKD(慢性腎臓病)>患者数は約1330万人新たな国民病!

 近年、「CKD(慢性腎臓病)」という疾患が注目されている。患者数は約1330万人(20歳以上の成人の8人に1人)いると考えられていて「新たな国民病」とも言われているのだ。増加の原因は、生活習慣の欧米化や高齢化が進んでいるためだと考えられる。

「CKD」は、腎臓の働き(GFR)が健康な人の60%以下に低下する(GFRが60ml/分/1.73平方メートル未満)か、タンパク尿が出るといった、腎臓の異常が続く状態を指す。

 腎臓機能は、年齢を重ねると低下していくため、高齢者になるほど「CKD」のリスクが高くなる。他にも、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常、肥満やメタボリックシンドロームなど、家族に腎臓病のリスク因子を抱える人は要注意だ。

「CKD」の厄介な点は初期に自覚症状がほとんどないこと。進行すると、夜間尿、むくみ、貧血、倦怠感、息切れなどの自覚症状が現れるが、その時にはかなり進行している可能性が高い。腎臓はある段階まで悪化してしまうと自然に治癒することは難しい。そのためにも定期的に健康診断を受けて早期発見で治療することが望ましい。

 オーストラリアのボンド大学の研究によると、健康的な食事の摂取で「CKD」の進行を抑えられることが明らかになっている。具体的な食事スタイルは、塩分や脂肪の多い肉、糖質の多い菓子類、清涼飲料水、アルコールを控えること。野菜や豆類、ナッツ、全粒穀物、魚、低脂肪の乳製品、果物の積極的に摂取することだ。

 これで「CKD」の発生リスクを30%減少でき、初期の腎障害の指標となるアルブミン尿のリスクを23%減少させられるという調査結果が出ている。

 定期的検診と健康的な食事を心掛けて「CKD」を予防しよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴