政治

安倍首相が通達した「韓国見放し作戦」の全貌とは?(1)オランダで実現した日韓首脳会談のウラ側

 ついに、日韓の両首脳がオランダで顔を合わせることとなった。雪解けへの期待に大はしゃぎしたのは、あの朝日新聞のみ。「茶番」会議の裏では、日本が韓国を見捨てる戦略が着々と進行していた! 戦後、我が国に屈辱とカネを強要し続けたタカリ国家との関係は、いよいよ終焉を迎えようとしている。

 オランダのハーグで開かれる核安全サミットで、安倍晋三総理大臣(59)と朴槿惠〈パク・クネ〉大統領(62)の会談が実現した。このことをいち早く大絶賛したのが、“韓国の機関紙”朝日新聞である。朝日は3月21日の社説で〈一衣帯水の日本と韓国の首脳〉と持ち上げ、安倍総理が14日の参院予算会議で、

「歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいる」

 と、語ったことを踏まえてこうはしゃいだのだ。

〈河野談話とともに、日本の対アジア外交の基盤となってきたものであり、見直すべきでないのは当然〉

 みずから捏造した従軍慰安婦の強制連行により、「河野談話」は生まれた。現在、国会では、河野談話検証への気運が生まれ、捏造が白日の下にさらされる危機にある朝日にとって、総理の発言は「なかったこと」になるチャンスである。

 一方、安倍総理をよく知るある国会議員はこう冷笑するのだ。

「安倍さんは、ずっと慰安婦問題に取り組んできており、この問題を熟知しているのです。だから、よほど悔しかったのでしょう。ふだんは自分の言葉で話す人なのに、あの時は原稿を棒読みしていました」

 朝日は「日韓」を強調するが、これはアメリカのオバマ大統領(52)が両国に持ちかけてようやく実現した「日米韓」の三者会談である。評論家の三橋貴明氏が語る。

「首脳会談は“手段”であって、“目的”ではないので、首脳会談が目的化しているのはおかしいですよね。韓国では日本を利用する『用日論』というのがあり、日本に歩み寄らないとまずいのではないか、という空気になっているようです。朴槿惠にも、自分に用日は無理だけど他のみんなが日本を利用するならいいですよ、という思惑があった」

 またもや、韓国が日本のカネや技術を「クレクレ」と言ってくる気配が濃厚なのだが、実はここに至る直前、安倍政権は韓国側に強烈なメッセージを送っている。18日、菅義偉官房長官は記者会見で、中国と北朝鮮が国連会合で、慰安婦問題や靖国問題を批判したことを受けてこう激高したのだ。

「我が国の立場を理解しようとせずに国際機関の場を利用し、日本のネガティブキャンペーンを繰り返していることは何ら建設的ではなく、きわめて遺憾だ」

 しかし、日本批判を、継続的に世界中で行っている第一の国は韓国であるはずだ。評論家の渡邉哲也氏が言う。

「あれは韓国と中国に対する牽制です。朴槿惠の告げ口外交など世界中の国々でディスカウントジャパン(日本を貶める活動)をやっています。北に関しては微妙なところがあり、少し違うポジションなのですが、いわゆる“中韓”が国連などで行っているネガキャンに対して強い遺憾の意を示したということです」

 北朝鮮の件は後述するとして、日本はすでに韓国を政策の重要な部分でも見限っていた。まずは、あまり知られていない、安倍政権の韓国政策の衝撃全貌を紹介しよう。

◆アサヒ芸能3/25発売(4/3号)より

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化