芸能

肉食不倫妻・広末涼子を受け止めるタトゥー夫の器量

 女優・広末涼子(33)とイケメン俳優・佐藤健(24)の不倫疑惑が「女性セブン」(小学館)で報じられたのは2月末のことだった。

 2月21日の午後8時過ぎ、広末はセクシーな網タイツ姿で外出し、佐藤の住む高級マンションへ。小慣れた様子でオートロックのドアを開けてもらい、中に入る様子が写真付きで報じられているのだった。翌朝、2人は時間差でマンションをあとにしたという。これに広末の所属事務所は「事実無根です」とコメント。佐藤の所属事務所も「ドラマ共演以来、尊敬している先輩です」としている。芸能リポーターが語る。

「普段ナチュラル系の服を着ている広末が、撮られた写真では黒のセクシー網タイツに15センチ超のハイヒールを履いていました。これはもうヤル気満々としか言いようがありません(笑)。2人の関係は双方も所属事務所すら知らなかった。それが大問題。佐藤は事務所関係者に長時間詰問され、彼女とは1回こっきりの関係ではなく、数年前から関係があったことを明かしたといいます。取り返しのつかないことをやってしまったという自覚はあるらしく、泣きながら謝っていたそうです」

 主婦層にとって「不倫」はタブー。広末は矢口真里のように、あっという間にテレビ界から干される可能性がある。しかも、この時の情事は夫のキャンドル・ジュン氏が被災地の慰問で家を空けている時に起こったのだ。

「そんな夫に広末が不満を持っていた」

「よく『寂しい…』とこぼしていた」

 という報道もあるが、真相は違うという。

「2人は円満で、近所でもお子さんを連れて夫婦仲良く散歩する姿が目撃されています。彼は東日本大震災を機に、1年の半分は被災地めぐりをしている。彼女もその考えに賛同し、今年の2月中旬に一緒に被災地に慰問に出かけています」(前出・芸能リポーター)

 夫が許したことで、いつの間にか「ナシ」になっているようなのである。何より、広末自身、夫にメロメロではあるのだ。

「広末さんが飲食店に1人でやって来て『結婚して良かった』『主人は最高の人』『子供たちも本当になついているの』などと、延々自慢することもあった」(前出・芸能リポーター)

 密会をすっぱ抜いた、女性セブンでは、1月に広末と佐藤がカップル個室のある有名スパにも出入りしていたと報じているのだが、ある芸能関係者が語る。

「今回のネタは事務所も知らなかったわけだから内部リークはない。そこで考えられるのが、スパの店員。一説には、2人が使用した個室の清掃が毎回大変で困っていたと話題になっていたとか」

 佐藤の後、広末の奔放下半身がどこまで突き進むのか、ますます注目が集まっている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」