社会

体液から「サル痘ウイルス」検出!専門家が断言する驚愕生態「生殖可能な状態で卵子に入り込む」

 6月18日、WHO(世界保健機関)は、アフリカ由来とされる「サル痘」の感染者数がついに2000人(世界42カ国合計)を超えた、と発表した。

 そんな中、イタリアとドイツで感染者の「体液」から「サル痘ウイルス」が検出されていたことが判明。今後、サル痘の感染は性行為を介した「性感染症」として急拡大していく可能性があるとして、世界に衝撃が広がっている。

 ウイルス感染症に詳しい専門家も、次のように指摘する。

「もともとサル痘については、男性と性交渉を持った男性の感染が数多く確認されていましたが、今回の欧州での報告は、男性間性交渉による感染のリスクを裏づける科学的証拠と言っていいでしょう。しかも、男性感染者の体液からサル痘のウイルスが検出されたということは、女性感染者の分泌液からもウイルスが検出される可能性がある。すなわち、サル痘が新たな性感染症に指定される可能性が出てきた、ということになります。そうなった場合、男女間の性行為は万国共通の日常的な営みですから、サル痘のパンデミックを終息させることは非常に難しくなるでしょう」

 加えて、イタリアのラザロ・スパランツァーニ国立感染症研究所は「サル痘ウイルスは感染者の体液中に生殖可能な形で存在する可能性がある」とも指摘しているのだ。

「体液中に生殖可能な形で存在するということは、サル痘ウイルスに感染した体液が卵子に入り込む、ということを意味しています。この場合、ウイルスが生殖可能な形で存在する期間はどれくらいなのか、さらに感染受精卵は母体や胎児にどのような悪影響を及ぼすのか。現時点では全ての可能性を含めて不明とされていますが、コトは生殖に関わる問題だけに、重大かつ深刻です」(前出・ウイルス感染症の専門家)

 日本国内への流入時期も含めて、サル痘の動きには細心の注意が必要となる。

(森省歩)

ジャーナリスト、ノンフィクション作家。1961年、北海道生まれ。慶應義塾大学文学部卒。出版社勤務後、1992年に独立。月刊誌や週刊誌を中心に政治、経済、社会など幅広いテーマで記事を発表しているが、2012年の大腸ガン手術後は、医療記事も精力的に手がけている。著書は「田中角栄に消えた闇ガネ」(講談社)、「鳩山由紀夫と鳩山家四代」(中公新書ラクレ)、「ドキュメント自殺」(KKベストセラーズ)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…