社会

激しい咳をやわらげるツボ指圧とは?

 タレントの矢沢心(33)がこの症状のために、肋骨を2本疲労骨折したこともある咳。毎年春先になると激しい咳で悩む人は増える。この症状が「気管支炎」であり、年間1万6000人強が亡くなっている(厚生労働省発表・平成23年)から、たかが咳と侮っていると怖いのだが、意外な対処法があった。

 広告代理店に勤務するAさん(49)は、毎年春先に激しく咳き込み、睡眠不足に悩まされている。理由の1つが春先の寒暖差。寒暖の差が大きいと鼻の粘膜の血管が広がりむくむ。するとアレルギー症状を引き起こし、自律神経のバランスを崩し症状が起こる。また、夜には副交感神経の働きが強まるので、気管支が収縮しやすくなり、気道が狭まり、咳が出やすく、その咳も激しくなる。

 治療の主流は鎮咳・去痰薬だが、副作用の心配もついてくる。そんな心配を吹き飛ばす方法があった。教えてくれるのは、アスカ鍼灸治療院の福辻鋭記院長。

「ひじの内側の横じわ上にあり、真ん中よりやや親指側にあるのが尺沢(しゃくたく)という即効的な咳止め効果があるツボ。押すとグッと指が入る部分。ここを、多少痛みを感じるくらいの強めの指圧で、小さな円を描くように、やや外側に向かって押す」

 効果抜群というから激しい咳で寝付けない方は、試してみる価値はありそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!