社会

がんには免疫の逆転の発想を! シイタケの隠された素顔「菌糸体」のパワーとは

20140327kobayashi-seiyaku

 普段、何気なく口にしている食材のシイタケ。そのシイタケを生み出す母体である「菌糸体」に、がんに立ち向かうために効果的な細胞があることが発見され、研究者たちの熱い視線を集めているという。

 その研究を進めているのが、医薬品や健康食品、「熱さまシート」などの衛生用品でおなじみの小林製薬(本社・大阪府)だ。

 まずはその「シイタケ菌糸体」とは何なのか。小林製薬の研究開発部、松井保公氏に話を聞いた。

「私たちが食べているシイタケは子実体と呼ばれる部分なんです。その母体となるのが菌糸体で、シイタケを作るためにたっぷり栄養を蓄えているんです」

 その菌糸体に刺激を与えることで、菌糸体は子孫を残そうとして子実体であるシイタケを作る‥‥というのが、シイタケができる過程。しかし研究では、菌糸体に栄養をできるだけ溜めさせて、限界までキノコが生えない状態を保たせるのだ。

「その状態の菌糸体には、普段食べるシイタケにはない、別のいい成分があるんです。そしてこの菌糸体に、がんが発症した時に免疫力を高めようとするのをガードしてしまう『免疫抑制細胞』の活性化を弱める効果があるとわかったんです」(前出・松井氏)

 免疫抑制細胞とは、もともと人間の体にあり、普段は花粉症などのアレルギーに対する体の過剰な反応を抑えるブレーキの役割を持っている。しかし、がんになると、その力ががんに悪用されてしまうというのだ。同じく小林製薬の研究開発部、川西貴氏が解説する。

「がんになると体内にある免疫抑制細胞が、がんの手によって異常に数を増やしてしまうんです。その免疫抑制細胞は、免疫力を高めてがんを攻撃しようとする『免疫細胞』の活動を邪魔して働けなくしてしまい、がんは免疫を逃れて増殖・転移するんです」

 そこで、シイタケ菌糸体の成分が免疫抑制細胞の過剰発生を弱めることで免疫力が高まり、がんを攻撃することにつながる、という仕組みなのだ。しかも、がんそのものでなく免疫抑制細胞への働きかけなので、がんの部位にかかわらず効果が期待できるという。

「我々はシイタケの菌糸体という食品系の成分を研究していますけれども、医薬品の世界ではアメリカを中心に免疫抑制細胞に対する薬を開発していまして、実際に承認されそうな薬もあるんです」(前出・松井氏)

 今まさに世界をあげて開発中の最先端の分野。しかし、シイタケ菌糸体についての小林製薬の研究は、20年以上にも及ぶという。

「子実体の部分にβグルカンという成分があって、この成分は80年代に病院で使う薬として承認されていました。つまり、昔からシイタケが免疫によいことはわかっていたんです。菌糸体の部分にも、もっといろんな成分があることもわかっていましたので、小林製薬も菌糸体についての研究をしてきました」(前出・松井氏)

 その過程で、免疫抑制細胞は1990年代にその存在が発見され、2000年代に入ると、それががんで急増するという発表が。以降、免疫抑制細胞についての研究が盛んに行われるようになっていったのだ。

「昔は、とにかく免疫を高めようと頑張ってきましたけど、実は免疫抑制細胞にブレーキを踏まれっぱなしだった、と。それならばアクセルを踏むよりブレーキを外してあげるほうがいいんじゃないかという逆の考え方が発見されたんですね。そこで、そのブレーキに対して菌糸体がどうかかわるかという部分も研究してみようということになったんです」(前出・川西氏)

 今なお研究途上のシイタケ菌糸体。その未来に向けての展望を、川西氏がこう語る。

「がんで手術をなさった人たちのいちばんの気になることは、例えば5年間再発しないかということなんです。その不安に対して、シイタケ菌糸体の成分で少しでも不安を抑えてあげるということが我々の基本にあります。ですので、データを積み重ねていって再発予防にはこれがいいですよとか、もっと細やかにお話しできるようなところを目指したいですね。免疫抑制を外すという形でサポート的に、治療がより効くようにしてあげる、その不安を解消してあげるのがいちばんの目標です」

 シイタケに隠されたもう1つの素顔「菌糸体」、そして驚くべきそのパワー。がん治療の一助としてシイタケ菌糸体の名前が定着する日は、そう遠くないかもしれない。

「小林製薬のがん免疫研究」サイトはこちら

http://www.ganmen-kobayashi.jp

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    悩める男性を2人が全力応援!YouTube番組「オトナの保健室」がいま話題に

    Sponsored
    249165

    30代後半あたりから悩む男性が急増するというAGA(男性型脱毛症)。「数年前の自分の写真と比べて生え際が後退している」、「風呂上りにドライヤーをかけると頭皮の見え具合がハンパない」など、気付くきっかけはさまざまだが、一度気になり始めると普段…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・田口麗斗の「守護神直訴」に高津監督が放った「リリーフ投手の資質」とは!?
2
「高橋ジョージと縁を切りたかった」三船美佳が協議離婚成立で漏らした安堵/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「自由にさせてくれたから今がある」ダルビッシュ有が今も感謝する東北高校・若生監督の「教え」
4
「次回WBCで日本は世界一になれない」江川卓が不気味に断言する「ナルホドな理由」
5
ベトナムで日本人10人が置き去りに!これがコロナ緩和で続々就航する「LCCの落とし穴」だ