スポーツ

大谷翔平「1番・投手」マンガのような起用で…栗山英樹にかかったとんでもないプレッシャー

 昨年、侍ジャパンの監督に就任した栗山英樹氏は、日本ハム前監督(2012-2021年)であり、メジャーで二刀流の活躍を見せている大谷翔平の「育ての親」的存在だ。

 その栗山氏が、フリーアナ・古舘伊知郎のYouTubeチャンネル〈古舘伊知郎チャンネル〉に出演(6月24日)して明かしたのは、

「監督10年間やって、いちばん勝ちたかった試合、実は…」

 その試合とは16年7月3日、ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦だった。

「1番・投手」で出場した大谷は、1回の第1打席で、初球を右中間席にホームラン。プロ野球史上初となる、ピッチャーによる先頭打者アーチを記録し、試合は2対0で日本ハムが勝利した。当時、マンガでも出来すぎなのにと、常識破りの采配に称賛の声が上がったものだ。

 大谷に1番・投手での起用を告げたのは前日だった、と栗山氏は振り返る。

「1番でランナーに出ても、ランナー残っちゃうかもしれないけど、ホームラン打って1対0で勝てばいいんだから、みたいな話をシンプルにして。ボクもビックリしました。本当にホームラン打っちゃったんで。これ、絶対に勝たせてあげなきゃって。あの試合くらい怖いというか、プレッシャーがかかった試合はなかったですね」

 勝てば官軍。「結果良し」の名采配ではないか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに