芸能

「超地獄耳」西川史子が芸能界の新・ご意見番に君臨!

 タレントで女医の西川史子が、離婚後も毒舌キャラで引っ張りだこだ。最近では、作家の辻仁成と離婚協議中だと伝えられた女優の中山美穂に「独りになったらいいことがある」と離婚を勧めたり、仁科克基とキャバ嬢との浮気現場を目撃して同棲を解消した矢吹春奈には、応援メッセージを送っている。

「レギュラー出演中の『サンデージャポン』(TBS系)や『ノンストップ』(フジテレビ系)では、芸能ネタに関しては鉄板の強さを見せ、当意即妙の毒舌を吐きまくっている。芸能界のご意見番・和田アキ子は『アッコにおまかせ!』の芸能コーナーで取り上げる事件や人物に対し、『知らない』を連発するが、西川に限ってはまるでない。根がミーハーで噂好き、芸能レポーター顔負けの情報通として知られています。そのうえ意外に口がカタい。知っていても、いざスキャンダルが起きるまで決して口を開かない。ミポリンの離婚話では、フランスの知人からいち早く別居していることをキャッチしていたし、仁科が犬の散歩と称してあちこちに出没し、浮気相手とお楽しみにふけっていることも聞きつけていたほどの地獄耳です」(芸能ライター)

 そんな西川が趣味と実益を兼ねて主催しているのが西川会。自宅に招いたり、会場をセッティングして開いている飲み会だ。出席するのは“サンジャポファミリー”の面々。田中みな実アナ、元国会議員の杉村太蔵は常連。お笑い芸人や事務所の後輩らも駆けつけてている。

「西川は頼られると嫌といえない姐御タイプ。タダで飲ませたり、時にはお小遣いをあげたり、愚痴を聞いて励ましたり、相談に乗ったりと、それはもう至れり尽くせり。いろんな人が集まって輪が広がり、そこでゲットした話を仕事で小出しにする。テレビで見せる毒舌キャラと違って、いい人キャラ全開にして愛想良くしているから、出席者の口も軽くなってマル秘情報が手に入る仕組みのようです」(芸能リポーター)

 離婚後、億ションを購入、ローン返済のためシャカリキで働くと決意を語っていた西川だが、この調子ならもう1軒買えるかも。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声