社会

ウチの猫がガンになりました(17)生魚を食べると体重が120グラム増…再び爆食いモードに突入

 スーパーで買ってきたメバチマグロの赤身。それを3切れ、食べやすいように小さく賽の目に切って、お皿に並べてみた。ジュテの口元に置くと、においを嗅ぐような仕種をしてから、舌をチョロチョロと動かし始める。ゆっくりだが、完食してしまった。

「やった!」

 砂漠の中で生きていた野生動物の猫は元々、生肉を食べていた。そのDNAは脈々と今も猫たちに受け継がれているのだろうか。

 実は刺身がいいと連絡してきたHさんによれば、生の牛肉もいいという。たまたま新聞を見ていたら、病気になった時は生の牛肉を食べさせる、という記事が載っていたのだそうだ。

 早速、試みたのだが、こちらは受け付けない。だが、マグロに続いて生のカツオも、うまそうに食べてくれた。ジュテはカツオが大好きで、いつも2切れほどを焼いてほぐして、食べさせていた。焼いているのに気が付くと、ニャーニャーとリビングをうろつくほど、好物だ。

 ということで、10月2日を境に、ジュテの食事はとても豪華になった。生のマグロ、生のカツオ、さらに生のシャケを少量ずつ。ほかにも各種カリカリが並び、6皿くらいが目の前にある。人間よりも豪華な食卓になっていった。

 10月4日。7時過ぎに起きて、ベッドにいたジュテを抱え、リビングで大好きな膝抱っこ。それから生のマグロを賽の目に切って掌に載せたら、一切れをアッという間に完食してしまった。

 昼過ぎ、動物病院で診察、補液とステロイドを入れてもらい、体重も計ったら、3.7キロに落ちた体重が3.82キロまで増えていた。

 家に戻って「体重が120グラムも増えたよ」と言って、ゆっちゃんと「よかったね」と喜んだ。ステロイドの影響もあるのだろうが、生の魚を食べて活力が出てきたに違いない。

 この日は家に戻ってすぐは、体が落ち着かないのか、シャケもマグロも食べなかったのだが、その後、爆食いモードに突入した。

 最初は焼いたカツオを八分目。夕方、ウロウロし始め、カツオ、マグロの生、焼いたカツオを再び。そしてクリスピー8、9個。好きなサーモン入りクリスピーがなくなったので買い足したら、さらに6個。水をガブ飲みし、夜は焼いたカツオとクリスピー、生のカツオとシャケ、寝る前にクリスピー10個…。さらに、お皿に出しておいたクリスピーや、焼いたカツオがなくなっていた。弟猫のガトー、末弟のクールボーイが食べた可能性もあるが、ジュテの食欲がかなり戻っているのは確かだった。

「もう少し体重が戻ったら、思っているより長生きしてくれるかもしれないわね」

 と、ゆっちゃんも明るい。

「食べられるのはよくなっているってことだから、もしかするとね…」

 淡い期待なのかもしれないが、ちょっとだけ浮き足立っている。

「やっぱり生の魚を食べさせているのが大きいかもしれないね。Hさんに連絡しといてね」

 10月6日の時点で、体重は3.82キロをキープし、食欲も変わらず。ステロイドも効いているのだろう。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…