エンタメ

ドンキホーテ谷村ひとし「CR中森明菜は50の倍数を狙え」

 牙狼外伝より客つきのいいサンセイR&Dの「CRBE─BOP壇蜜与太郎仙歌」も、約4000発のJACKPOT(35~40連)が終わった直後の台か、牙狼同様、70の倍数で、140回、280回転狙いがオススメ。電車がスレ違って小当たりした直後は特に図柄ぞろいの当たりが多いので、狙ってみてください。

 また、サンセイ柄の保留やサンセイ柄の壇蜜先生のカットイン「スイッチ入っちゃった!」なんてのを見たら、それこそ当たって昇天しないといけません。一度当たれば約4000発ですから、少額投資で約1万5000円をお持ち帰りするのがオススメです。

“怪物退治の新台”がタイアップのゲームほどヒットせず、空き台が目立つSammyから、あの戦国乱舞のMAXSTタイプ「ぱちんこCR戦乱BurST!」が登場しました。出玉パワーは、さすが北斗のSammyだけあって、ST100回の突入率が60%、継続率が84%と、ルパンや桜マックスを超える大穴マシンです。

 ST前半のボタン一撃、役モノ即当たりの快感は、あのリングの貞子の手に通じる快感があります。約2000発か約750個の出玉も魅力です。いまさら伊達政宗の戦国モノというハンデも考えての甘めの出玉機能です。

 キリン柄の熱さも北斗並みと言っていいSammyは40の倍数。特に240~360回転が狙い目です。ST100回直後の160回の当たりも目立ちます。

 MAXタイプのSTで出玉的にもの足りないけれど、演出面では「CR中森明菜歌姫伝説~情熱EDITION~」が、すばらしいアニメ明菜の熱唱で、女性ファンも男性ファンも釘づけです。「あつ菜」という仮面をつけた明菜の新キャラが一緒にデュエットすると、一気に信頼度アップ。4つのシャッターをクリアして1曲完走のチャンスです。赤保留、てんとう虫柄、ちび菜群出現、そして何といっても「難破船ゾーン」からの楽曲リーチのアツさは別格です。

 曲目で信頼度にかなり差があり、ノーマルロングレベルで「ミ・アモーレ」が別格の約15%程度なので、ハズレてからの突破、ST突入チャンスの歌姫チャンスで役モノが右下で振り分ける玉が赤玉か金玉でチャンスです。50の倍数狙いで、とにかくたくさん名曲が聴けなきゃ勝てないのは言うまでもありません。

 このように、変則スペックとMAXSTタイプが目立つ今年のGWの新台ですが、ハマリ台好きの方には申し訳ないほど最近のハマリ台は底なしで、当たっても爆発しない傾向があります。気をつけてください。ただし、このへんをいい意味で裏切ったのが「ルパン」。800回転ハマリクラスからの爆発目撃が多いので、人気が高いと言えます。

 さらに、STタイプだけでなくデモ出しがかなり有効な機種も多いのです。このルパンも「発光保留促進打法」としてデモ出ししたり、「GOLDENTIME連チャン打法」として4R当たり後のデモ出し。また、絶対勝利っぽいのに継続した場合、「ピンチ脱出」のためのデモ出しは、ホントに効果絶大ですよ。

◆プロフィール 谷村ひとし 1953年生まれ。95年、みずからの立ち回りを描いた「パチンコドンキホーテ」(週刊モーニング)で大ブレーク。過去20年間のパチンコ収支はプラス6200万円突破。累計で20万人以上を擁する携帯サイトで毎日情報を配信中。詳しくは「谷村パチンコランド」で今すぐ検索!

*この連載に記載されたメーカーごとの大当たりしやすい回転数や独自の攻略法はメーカー発表の内容ではなく、あくまで谷村ひとし氏の経験則であり、データ収集に基づいた私見です。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
5
初写真集は20万部突破ある!田中みな実、「先端コリコリ胸」を“リアル”公開