政治

暴走プーチンならやりかねない!「暗殺説」も飛び出した「ゴルバチョフ死去」

 西側諸国との冷戦を終わらせた旧ソ連最後の指導者、ミハイル・ゴルバチョフ元大統領が8月30日、病気のためモスクワで死去した。享年91歳。

 ゴルバチョフ氏は1991年4月にソ連の元首として初来日し、当時の海部俊樹首相と「日ソ共同声明」を交わすなど、日ソ関係に貢献。ノーベル平和賞を受賞するなど特に外国で高く評価された。

 ゴルバチョフ氏は生前、プーチン大統領の下で「権威主義体制」が強化されていることに強い危機感をにじませており、「悲劇的な事態が発生する可能性があり、すでに悲劇は起きている」と警鐘を鳴らしていたが、その言葉通り、プーチン氏の手によってウクライナ侵攻が始まってしまった。

「ゴルバチョフ氏は共産党独裁体制を立て直す『ペレストロイカ(改革)』を推進し、東西冷戦を終結に導きましたが、ロシア国内では必ずしも評価が高いわけではありません。特にプーチン支持者からはロシアの国益を害した人物として認識されています。ウクライナ侵攻についてもかなりプーチン氏を批判していましたから、一部の陰謀論者からは、『プーチンに暗殺されたのではないか』という声も上がっていますね」(政治ジャーナリスト)

 ロシアのペスコフ大統領報道官は30日、プーチン氏が「深い哀悼の意を表した」と発表している。さすがに「暗殺説」は飛躍しすぎのような気もするが、目的のためには手段を選ばないプーチン大統領なら、もしかして…。

(ケン高田)

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…