政治

旧統一教会に弱みを握られた「岸田内閣」のガタガタ内幕(2)教団の推薦状リスト

 実際、関係を断つことは容易なことではない。というのも参院選で新人候補の生稲晃子氏(54)を伴い教団関連施設を訪れた萩生田政調会長の“変節”をたどってみれば火を見るより明らかだろう。

 8月19日の囲み会見では、「二度と関係を持たないのか」と質問されると「一線を画していく」「適切な対応をする」と曖昧な逃げの回答に終始。しかしその後、24日放送の「プライムニュース」(BSフジ)に出演した際、「今後は関係を持たず政治活動をやっていく」と宣言したのだ。

 政治部デスクが危惧する。

「旧統一教会との関係を断つことを明言しなかった萩生田氏ですが、批判を浴びた末に、ようやく関係遮断を宣誓させられた形となりました。旧統一教会が恐ろしいのは選挙支援で実際に事務所の内部に入り込んでいることです。ギリギリの選挙戦での“実弾”、いわゆる裏ガネから、過去の女性問題、身内の不祥事などスキャンダルを調べ上げている。ことに萩生田氏は高校時代には“番長”だったこともあり、ネタは豊富。今後教団による猛攻撃を受けることは避けられないでしょう」

 果たして、09年の衆院選で落選し、3年の浪人生活の辛酸を舐めた萩生田氏がどこまで耐え切れるか。

「下手に関係を切るなどと言い出すと教団の逆鱗に触れる恐れもあります。萩生田氏の場合には、国会議員になる以前の市議会議員の時代から教団と関係があったと証言する現役信者が出てきている。萩生田氏が関連施設を訪れた際に、信者によるビデオやカメラの撮影は禁止になっていましたが、主催する関連団体が撮影をしていなかったとは限らない。今後も教団に不利なことを言えば、政治生命が危うくなるようなネタを信者に語らせるなど小出しに脅してくる可能性があるのです」(鈴木エイト氏)

 しかし、弱みを握られているのは何も萩生田氏ばかりではないという。

「岸田総理の党をあげて調べるという方針は旧統一教会への宣戦布告となる可能性があるのです。これまで明らかになった、旧統一教会による選挙支援は道義的には問題があっても、ボランティアで行っているだけに違法性がなく法的な問題にはならない。しかし、旧統一教会から推薦を受けて選挙で戦っていたとなれば話は別です。実際、一部国会議員は旧統一教会から推薦状を得て当選していたという話が出ている。推薦状は党本部の許可なしに受けることはできない。つまり、茂木敏充幹事長(66)の『党組織として関係していない』という発言が吹っ飛ぶことになる。旧統一教会はこの推薦状リストを持っている。すでに情報番組のバッシング報道を受けて、キー局との癒着をバラす“逆暴露”を仕掛けてきたが、次は岸田政権が標的になる」(デスク)

 岸田内閣が目論んでいた黄金の3年は、悪夢の3年と化すのか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道