政治

旧統一教会に弱みを握られた「岸田内閣」のガタガタ内幕(1)全国会議員の調査を開始

 ついに本丸に火がついた! 閣僚のみならず、政治家と旧統一教会の接点が次々と明るみに出る中、総理の後援会会長が関連団体の議長を務めていたことが発覚。知らぬ存ぜぬ戦法は破綻して支持率は急降下。退路を断たれて「教団排除」を宣言した岸田内閣だが、生殺与奪の権は教団側に握られているのだ。

「政治家としての責任において旧統一教会との関係を点検し、厳正に見直すよう指示した」

 内閣改造前、こう言って大見得を切った岸田文雄総理(65)。しかし、フタを開ければ新閣僚8人に教団及び関連団体との接点が浮上して“統一教会汚染”と呼ぶべき癒着体質が白日の下に露呈した。さらには8月24日発売の「週刊文春」では「岸田首相後援会長は統一教会系団体の議長だった」と“身内”のスキャンダルまで報じられ、尻に火が付いた有様だ。

 ジャーナリストの須田慎一郎氏が語る内閣改造失敗の原因は、

「今回の組閣は官邸が一本釣りする形ではなく、派閥サイドの意向を反映した組閣です。そのため、官邸で身体検査が行われなかったことで、国民から批判が集まっている統一教会問題をクリーンにできなかった」

 一方、二階俊博元幹事長(83)は24日の講演で「電報を送ってくれと言われれば打つんですよ」「応援すると言われれば、よろしくお願いしますというのが合言葉だ」と、選挙運動中に統一教会関係者を排除するのは難しいという自論を展開。さらには「自民党はビクともしない」と居直る始末だ。

 果たして自民党はどこまで浄化に本気なのか。政治部キャップが官邸の内幕を打ち明ける。

「発売前日に『文春』をチェックした岸田総理は『これはひどい内容だ。自分と統一教会を恣意的に結びつける記事だ』と憤っていた。確かに、萩生田光一政調会長(58)のように自身が教団関連施設を訪れるなど直接関係を持ったわけではない。コロナ問題と合わせて釈明すれば、そのうち鎮まる問題だとタカをくくっていたのです」

 だが、記事の反響の大きさにひるんだのか、24日にリモートで行われた総理会見では、「もう一段踏み込んだ、国民の不信を払拭する方策」の必要性に触れ、26日には党所属の全国会議員を対象に調査を開始した。

 しかし、選挙支援などでズブズブの関係を築いてきた教団と一朝一夕に絶交できるものなのか。

「旧統一教会サイドは選挙に弱そうな政治家に接近してくる。全国比例区候補には、選挙対象が広範囲になるため組織的な動きをする教団はありがたい存在になる。反対に関係を切ると言えば選挙で立場が弱くなる。それでも関係を切ることができるかは政治家個別の問題になる」(須田氏)

 もっとも、旧統一教会問題を20年にわたり追い続けるジャーナリストの鈴木エイト氏によれば、コトはそう簡単ではない。

「関係の濃淡によります。電報を打つ程度の薄い関係なら断ち切ることはできる。一方、濃い関係になると厳しくなる。国会議員の中には秘書として事務所に引き入れたり、後援会を丸抱えしてもらうなど旧統一教会の助力がないと事務所運営や選挙活動ができない政治家が少なからずいるのです」

 8月25日、山際大志郎経済再生担当相(53)は、関連団体の国内イベントにとどまらず、ネパールと韓国で行われた国際会議に出席した疑惑を追及され「記憶にない」「出席したと考えるのは自然だと思う」などと、もはや言い訳にもならない“奇弁”でシラを切ったのだが‥‥。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ