芸能

内藤剛志・沢口靖子・水谷豊が再登場で盛り上げる「刑事ドラマ」が今秋も熱い!

 9月に入り、次々と最終回を迎えた夏期の「刑事ドラマ」。相変わらず「刑事もの」は盤石の人気を誇るが、そんな今期の刑事ドラマ3本の評判はどうだったのか。

 ちなみに刑事ドラマの鉄板枠だったテレビ朝日系の木曜夜8時「木曜ミステリー」は今期で終了する。ただ、秋期からは新たに火曜夜9時にドラマ枠が新設され、ここで「科捜研の女2022」がスタートすることになっている。また、水曜夜9時からは新シリーズの「相棒Season21」も始まる。

 そのテレ朝系で放送されていた刑事ドラマといえば、9月14日に最終回を迎えた、東山紀之主演「刑事7人 シーズン8」だ。視聴率は第1話が11.3%で、以降は10%を切る週もあったが、最終回は11.6%だった。

「視聴率は、今時にしては合格点と言えるでしょう。今シーズンでは、シーズン1から刑事7人の1人として出演していた倉科カナが、第1話で卒業しました。代わりに、ジャニーズWESTの小瀧望がレギュラー入り。倉科の不在で、毎回の女性キャラの出演がなくなりましたが、マイナスにはならなかったようですね」(テレビ誌ライター)

 もうひとつのテレ朝系刑事ドラマは、9月15日にシリーズを終えた、上川隆也主演「遺留捜査~第7シーズン~」だ。視聴率は最終回こそ10.4%だったが、他の週は一桁台だった。とはいえ、SNSでは終了を惜しむ声が少なくなく、《撮影の舞台(京都)を変えてでも続けてほしい》などの声もあがっていた。

「今後、火曜の新枠で、幅広い層に人気が高い上川主演の新ドラマが作られる可能性もあります」(前出・テレビ誌ライター)

 今期の刑事ドラマの3本目は、9月2日に最終回を迎えた、内藤剛志主演「警視庁強行犯係 樋口顕Season2」(テレビ東京)だ。

「視聴率は第1話が7.2%。出だしから厳しい数字でしたが、内藤は今や刑事シリーズものになくてはならない存在ですからね。『警視庁~』は、今後もシリーズ化されるでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 内藤は、テレ朝の木曜ミステリー枠での主演ドラマ「警視庁・捜査一課長シリーズ」は事実上終了となるが、「科捜研の女」では主演の沢口靖子とともに続投が決まっている。

 まだまだ衰えることのない刑事ドラマの人気。10月スタートのドラマも充実しており、秋の夜長の楽しみが増えそうだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング