スポーツ

ヤクルト連覇は異常事態だった!江川卓が懺悔した「V予想大ハズレ」の原因

 今季のプロ野球セ・リーグは、ヤクルトがサヨナラ劇で連覇を成し遂げた。ヤクルトの連覇は、野村克也監督時代の92、93年以来となるが、高津臣吾監督のそれは「不思議な連覇」と言わざるをえない。というのも、2年連続で10勝以上の投手が現れない可能性があるからだ。

 昨年のチーム最多勝利は、奥川恭伸と小川泰弘の9勝。今年はサイスニード9勝、小川と高橋奎二が8勝、高梨裕稔と原樹理は7勝、石川雅規が6勝、などとなっている(9月29日時点)。

 あの巨人V9時代(65~73年)を振り返れば、エース・堀内恒夫や、400勝投手・金田正一らがフル回転し、10勝どころか20勝以上を挙げたことも。

 では、野村監督時代の92年はどうか。やはりというか、岡林洋一15勝に、西村龍次14勝。93年は伊東昭光13勝、西村11勝、川崎憲次郎と山田勉が10勝を挙げている。

 翻って、今季の高津ヤクルトはといえば、前述の通り。野球解説者の江川卓氏も、2年連続でリリーフ陣の整備は難しいことから、春先の順位予想でヤクルトを優勝から外していた。ところが、結果は大ハズレ。9月27日に更新したYouTubeチャンネル〈江川卓のたかされ〉で、自らの判断について次のように懺悔したのだった。

「高津さんがリリーフエースだったことを忘れていたな、という。高津さんという最高のクローザー、この経験を持った人が、私の感覚を覆して優勝された」

 高津監督は現役時代、最優秀救援投手の栄誉に4度、輝いている。

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」の格言を残した野村監督は、愛弟子の采配にどんな評価を口にするか。ぜひとも聞いてみたかったのだが。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論