スポーツ

ヤクルト連覇は異常事態だった!江川卓が懺悔した「V予想大ハズレ」の原因

 今季のプロ野球セ・リーグは、ヤクルトがサヨナラ劇で連覇を成し遂げた。ヤクルトの連覇は、野村克也監督時代の92、93年以来となるが、高津臣吾監督のそれは「不思議な連覇」と言わざるをえない。というのも、2年連続で10勝以上の投手が現れない可能性があるからだ。

 昨年のチーム最多勝利は、奥川恭伸と小川泰弘の9勝。今年はサイスニード9勝、小川と高橋奎二が8勝、高梨裕稔と原樹理は7勝、石川雅規が6勝、などとなっている(9月29日時点)。

 あの巨人V9時代(65~73年)を振り返れば、エース・堀内恒夫や、400勝投手・金田正一らがフル回転し、10勝どころか20勝以上を挙げたことも。

 では、野村監督時代の92年はどうか。やはりというか、岡林洋一15勝に、西村龍次14勝。93年は伊東昭光13勝、西村11勝、川崎憲次郎と山田勉が10勝を挙げている。

 翻って、今季の高津ヤクルトはといえば、前述の通り。野球解説者の江川卓氏も、2年連続でリリーフ陣の整備は難しいことから、春先の順位予想でヤクルトを優勝から外していた。ところが、結果は大ハズレ。9月27日に更新したYouTubeチャンネル〈江川卓のたかされ〉で、自らの判断について次のように懺悔したのだった。

「高津さんがリリーフエースだったことを忘れていたな、という。高津さんという最高のクローザー、この経験を持った人が、私の感覚を覆して優勝された」

 高津監督は現役時代、最優秀救援投手の栄誉に4度、輝いている。

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」の格言を残した野村監督は、愛弟子の采配にどんな評価を口にするか。ぜひとも聞いてみたかったのだが。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」