芸能

「ジャカルタ移住」元AKB・仲川遥香の驚愕生活「350平方メートルの家に住みゲーセン行くにも運転手付き」

 9月28日に放送された「上田と女が吠える夜SP」(日本テレビ系)では、「田舎暮らしのリアル」をテーマに、「移住は本当に良いのか? それとも現実は厳しいのか?」について、実際に移住した女性有名人たちが集まってトークを繰り広げた。

 ここで仰天の海外生活を明かしたのが、2012年にインドネシアに移住したタレントの仲川遥香だった。

「元々、AKB48に入ってて、全然売れなくて、ちょうどインドネシアのジャカルタにJKT48っていう姉妹グループができたタイミングで、じゃ、私行きますって言って、ノリで行きました」

 MCの上田晋也から「全然、日本に帰って来たいと思わない?」と聞かれると、仲川は「思わないです」と即答。さらに続けて、「プライベートとかでも運転手が付いてたりして。10年間、(ジャカルタに)行った時から付いてます。電話で『ここ来て』って言ったらシュッて来ます。友達とゲーセン行くとか、友達と映画観に行く時とかも」

 これには上田も、「ゲーセン行くとかでこの人(運転手)を呼ぶの? テメェで行けよな!」と呆れていた。因みにこの運転手には毎日のように車を出してもらって、月3~4万円の支払いだという。

 仲川の「天国のようなジャカルタ暮らし」はまだ続く。

「私、家賃がタダで。用意してもらってて。ワンフロア自分の家なので」

 その言葉と一緒に映し出されたのが350平方メートルもあるという自宅。ジャカルタの風景を一望できる豪華な部屋の写真に唖然とする出演者たち。上田も思わず、「俺もジャカルタ行ってアイドルになろうかな」などと言い出すのだった。

 ここで、出演していたタレントのファーストサマーウイカが、「ネットニュースとかないんですか? パパラッチみたいな」と質問すると、仲川は、「ないです、ないです。なので、恋愛し放題ですよ。ほんと、やりたい放題」。この答えに喜んだ上田は、「明日の朝イチでジャカルタ行きます!」と宣言。ゲストの柳葉敏郎も「(明日の朝ではなく)今から行こうか」とノリノリだった。

 この日の出演者はみな、仲川の驚愕のジャカルタ生活に圧倒されっ放しだったのである。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」