女子アナ

TBS「news23」打ち切り情報で小川彩佳に残された「再浮上」の道

 10月2日で放送33年を迎えた「news23」(TBS系)が来年3月いっぱいで終了するとの情報を、10月4日の「東スポWEB」が伝えた。

「記事によれば、メインキャスターを務めているフリーアナ・小川彩佳の卒業はすでに内定。さらにTBS上層部が、低視聴率が続く同番組の『刷新』をテーマに議論を開始し、小川を含めたキャスター陣の総入れ替えをしつつ、新たな報道番組を立ち上げるといいます」(芸能ライター)

 小川は19年に結婚後、テレビ朝日を退社。19年6月から「news23」のメインに抜擢され、当時は「TBSに三顧の礼で迎え入れられた」などともてはやされた。放送担当記者が解説する。

「しかし期待に反して視聴率は上昇する気配を見せず、裏番組に当たる有働由美子がメインキャスターの『news zero』(日本テレビ系)が9%前後なのに対して、4%台をウロウロ。プライベートでは第一子を20年7月に出産するも、夫の不貞が発覚したことで昨年6月に離婚。その間も上がり目のない『news23』では国山ハセンアナがメインとして加入しテコ入れが図られましたが、焼け石に水状態。揚げ句にその国山アナが年内いっぱいでの退社を発表するなど、小川にとっては公私ともに波乱続きの3年間となってしまいました」

 果たしてそんな小川が「news23」を失った場合、キャスターとしての道はどこに残されているのか。

「彼女のウケが最もよかったのは、テレ朝時代に『報道ステーション』を卒業後、『AbemaNews』でキャスターを担当していた時ですよ。そこではコメンテーターの芸能人との絡みで『報ステ』では封印していたリラックスした表情を見せ、生き生きとした様子に視聴者の評判も上々でしたからね。ネット配信のような発言に自由が利く場で出直せば、また新たな道が切り開けるのでは」(夕刊紙記者)

 先ごろはスポーツ紙のインタビューで、仕事に子育てに多忙な「3時間睡眠」生活を明かした小川。悲壮感は画面から伝わるだけに、しばらくは肩の力を抜ける場所が向いているのかもしれない。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」