芸能

松田聖子が沙也加とのデュエット曲を歌う!?NHK紅白「今年の目玉」はこれだ!

 現在発売中の「週刊アサヒ芸能」(11月10日号)では、松田聖子と中森明菜を中心としたアイドル全盛期の「ワケあり」人間関係を深堀りしている。記事のきっかけは、年末に放送される「NHK紅白歌合戦」だ。

 安全地帯の出場内定が報じられるなど、出場歌手が出揃い始める中、目玉に浮上するのが、松田聖子と中森明菜なのだ。

 昨年の紅白では、直前の12月18日に突然、娘の神田沙也加の悲報が届き、聖子は出場を辞退した。それだけに、今年の出演は思い入れが強いと音楽関係者は言う。

「出場となれば、沙也加とデュエットした『瑠璃色の地球』か、沙也加のデビュー曲『ever since』を歌うと見られています」

 一方、今夏に再始動を電撃発表した明菜の出場について、古参の芸能記者が語る。

「東京の北部に明菜が住んでいるという情報が流れ、最近もカメラマンが張り込んだのですが、姿を現すことはなかった。かつて、明菜と仕事をしたテレビマンは、海外に住んでいると話していたこともあり、出場となれば、最後の出場となった14年と同様に、海外からの中継になるかもしれません」

 そして、視聴率アップを目論み、中高年世代に向けて狙うのが、デビュー40周年を迎える「花の82年組」だ。明菜をはじめ、同期には、小泉今日子や松本伊代ら往年の人気歌手がズラリ。

「80年代のアイドルが華々しく集結すれば、話題性は十分。どのような形での出演かは不明ですが、演出プランにはあがっているそうです」(前出・芸能記者)

「黄金の80年組」と「花の82年組」が揃えば、それこそ最大のサプライズと言えるだろう。

 とはいえ、80年代アイドルの人間関係は複雑だ。どれほど「仲良しアピール」をしても、本音とタテマエは隠されている。冒頭のように発売中の「週刊アサヒ芸能」では、一目瞭然の相関図付きで、こうしたアイドルたちのむき出しの人間関係を紹介している。この一冊をお供に紅白を見るのもまた一興かもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】