社会

「母が病気なので援助して…」パパ活市場「大暴落」で激増する「あり得ない詐欺」

 コロナ禍の影響もあり、新たに参入する女性が増えたことで、価格の暴落が止まらない「パパ活」市場。最近では「パパ活詐欺」が横行し、男女がともに騙し合っている有り様だ。

 以下に記すのは現在の「パパ活実態」のほんの一例である。

「50万円を騙し取られそうになりました」と怒りをあらわにするのは、都内在住の46歳の会社員・菊池洋二氏(仮名)。昨年末に、パパ活専用のマッチングアプリで知り合った21歳だというA子との顛末を、悔しそうに語る。

「A子は、大学の学費を払うためにパパ活をしているということでした。何度かダイレクトメッセージでやりとりした後、実際に会うことになったんです。A子の第一印象は地味で暗そう。着てる服も安っぽくて髪の毛もパサパサ。正直、女として見るのは難しいなあ、と思いました」

 しかし、親に勘当されて学費も生活費も困窮しているというA子の話を聞いているうちに断れなくなってしまい、3万円でホテルに行ったという。A子によれば、これまでに、パパに騙されたこともあったらしい。

「ホテルでパパがお金を払わずに逃げてしまったり、待ち合わせのときに顔を見ただけで逃げられたことがあると言っていました。そんな話を聞いていたら、僕もつい同情してしまい、たまにお手当を援助してあげていたんです。ところが、出会って1カ月ほど経ったころ、A子がピンク店で働き始めたんです。体を売れば簡単に稼げると知ってしまったようですね」(菊池氏)

 A子が働き始めたのは派遣型の大衆ピンク店。1時間7000円の稼ぎだった。だが、決して高くはない報酬に、A子は本来は違反である本番行為をしていたという。

「しかし、それだけではリピーターが返ってくることもなく、A子はすぐに売れなくなったようです。性格も暗いので当たり前といえば当たり前かもしれません。そこで僕にふたたびパパ活の打診をしてきたんです」(菊池氏)

 この時、菊池氏は誘いを断ったという。だが、A子は執拗に連絡をしてくる。そしてついに、こんな手垢のついたようなあり得ない話を繰り出してきた。

「『実家のお母さんが病気になった。治療費や入院費で50万円が必要。援助してほしい』と言われたんです」(菊池氏)

 さすがに不信に思った菊池氏は、A子が働いていたピンク店について書かれている掲示板を確認。すると、とっくの昔に退店していたことがわかった。

 A子からは今も金の無心があるが、菊池さんは無視しているという。女性の生態に詳しいライターが言う。

「かつては食事だけで3万円、ホテルに行って5~10万円という相場だったパパ活も、今や3分の1ほどの暴落ぶりです。原因は女性が増えたことで男性の買い手市場になったこと。すると、比例するように詐欺のような話も増えてきたのです」

 しょせん、法律違反の男女のやりとりだ。騙されるほうにも「見返り」を求める欲があったことは否めないだろう。菊池氏が被害者とはとても言えないが、こうした裏の世界にも容赦のない不況の影響が及んでいるようだ。

「そもそも、親から勘当されたっていう話もウソだったのでしょう。情にほだされて援助してしまったのがバカバカしく思えました」

 そう語る菊池氏だが、これで済んでよかったのだと思うべきだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに