社会

「母が病気なので援助して…」パパ活市場「大暴落」で激増する「あり得ない詐欺」

 コロナ禍の影響もあり、新たに参入する女性が増えたことで、価格の暴落が止まらない「パパ活」市場。最近では「パパ活詐欺」が横行し、男女がともに騙し合っている有り様だ。

 以下に記すのは現在の「パパ活実態」のほんの一例である。

「50万円を騙し取られそうになりました」と怒りをあらわにするのは、都内在住の46歳の会社員・菊池洋二氏(仮名)。昨年末に、パパ活専用のマッチングアプリで知り合った21歳だというA子との顛末を、悔しそうに語る。

「A子は、大学の学費を払うためにパパ活をしているということでした。何度かダイレクトメッセージでやりとりした後、実際に会うことになったんです。A子の第一印象は地味で暗そう。着てる服も安っぽくて髪の毛もパサパサ。正直、女として見るのは難しいなあ、と思いました」

 しかし、親に勘当されて学費も生活費も困窮しているというA子の話を聞いているうちに断れなくなってしまい、3万円でホテルに行ったという。A子によれば、これまでに、パパに騙されたこともあったらしい。

「ホテルでパパがお金を払わずに逃げてしまったり、待ち合わせのときに顔を見ただけで逃げられたことがあると言っていました。そんな話を聞いていたら、僕もつい同情してしまい、たまにお手当を援助してあげていたんです。ところが、出会って1カ月ほど経ったころ、A子がピンク店で働き始めたんです。体を売れば簡単に稼げると知ってしまったようですね」(菊池氏)

 A子が働き始めたのは派遣型の大衆ピンク店。1時間7000円の稼ぎだった。だが、決して高くはない報酬に、A子は本来は違反である本番行為をしていたという。

「しかし、それだけではリピーターが返ってくることもなく、A子はすぐに売れなくなったようです。性格も暗いので当たり前といえば当たり前かもしれません。そこで僕にふたたびパパ活の打診をしてきたんです」(菊池氏)

 この時、菊池氏は誘いを断ったという。だが、A子は執拗に連絡をしてくる。そしてついに、こんな手垢のついたようなあり得ない話を繰り出してきた。

「『実家のお母さんが病気になった。治療費や入院費で50万円が必要。援助してほしい』と言われたんです」(菊池氏)

 さすがに不信に思った菊池氏は、A子が働いていたピンク店について書かれている掲示板を確認。すると、とっくの昔に退店していたことがわかった。

 A子からは今も金の無心があるが、菊池さんは無視しているという。女性の生態に詳しいライターが言う。

「かつては食事だけで3万円、ホテルに行って5~10万円という相場だったパパ活も、今や3分の1ほどの暴落ぶりです。原因は女性が増えたことで男性の買い手市場になったこと。すると、比例するように詐欺のような話も増えてきたのです」

 しょせん、法律違反の男女のやりとりだ。騙されるほうにも「見返り」を求める欲があったことは否めないだろう。菊池氏が被害者とはとても言えないが、こうした裏の世界にも容赦のない不況の影響が及んでいるようだ。

「そもそも、親から勘当されたっていう話もウソだったのでしょう。情にほだされて援助してしまったのがバカバカしく思えました」

 そう語る菊池氏だが、これで済んでよかったのだと思うべきだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored
    264969

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored
    266588

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本テレビ・水卜麻美アナ「体調不良でお休み」に飛び交う「憶測」はもちろん…
2
大阪・吉村知事に「帰れコール」「ウマい料理にタカるハエ」の怒号!阪神・オリックス優勝パレードに便乗して万博カネ集め
3
【アジア大会サッカー】韓国に「U-22の2軍」呼ばわりでも日本の士気は最高潮の理由
4
プロ野球12球団「スター選手粛清」の阿鼻叫喚(1)西武・山川穂高は穏便にFA移籍で厄介払い
5
江本孟紀が語った「今年の巨人は阪神初の最下位の時と同じ野球」いったいどういうことか